100万匹の羊https://play.google.com/store/apps/details?id=com.frecre.eikomusBFK
  • PSP
  • PS3
  • 360
  • PC
  • ETC
  • 連載
PLAY with Astro Gaming

ハードコアゲーマー向けヘッドセット A40

松井 悠(編集部) 2011-02-25
PLAY with Astro Gaming

連載第二回目の今回は、さっそくAstro Gamingの看板商品である、「A40」について紹介していこう。
このA40ヘッドセットは、アメリカの大手ゲームサイト「IGN」のレビューで9.5/10と、かなりのハイスコアをたたき出したプロダクツだ。

A40とA30、どちらを選べばいい?

現在、同社のゲーミングヘッドセットはコアゲーマー向けのオンイヤー型ヘッドセットのA40とカジュアルゲーマー向けのカバーイヤー型ヘッドセットのA30、2種類のラインナップがある。
それぞれの違いは以下の通り。

コアゲーマー向けゲーミングヘッドセットA40
カジュアルユーザー向けクロスゲーミングヘッドセットA30
:A40A30
サウンド超精密ミッドレンジ音声周波数特性、そして従来のオーディオヘッドセットよりもフラットな低音と高音重厚な低音と甲高い高音(従来のオーディオに近いチューニング)で低音と高音をブーストした音声周波数特性
クッションデザインフルサイズ(耳を覆う)スープラオーラル( 耳に乗せる )
構造後部が空いている構造により、外部の音声を取り込める一方、正確な音声出力を実現後部を閉じた構造で深みのある低音を強調し、外部の音声を遮断
マイク自由に位置を変えられる交換・ 取り外し可能なブームマイク左側ブームマイクのみ、取り外し可能。クイックディスコネクトコネクターに内蔵された別のインラインマイク

どちらのヘッドセットが良い、悪い、というわけではなく、それぞれ使うシーン(屋内でのプレイメインか、外に持ち出す事もあるのか)や、形の好みの問題と割り切って使っていいだろう。

次回で詳しく触れる予定だが、Astro Gamingのヘッドセットは、A40、A30いずれもウリである「PlayStation3やXbox 360でボイスチャット音声とゲーム音をミキシングする」、「5.1chのサラウンド環境を構築する」ためにはMIXAMPが必要不可欠となっている。

A40の特徴

大会へのエントリーを志すシリアスゲーマー向けとして開発されたA40は、ゲーマーにとって重要なミッドレンジ帯の音声周波特性を備えている。つまり、ゲーム内での音を拾うこと、そしてボイスチャットの音声を拾うことを目的としている。そのため、一般的な音楽を聴く用途としてはあまり向いていない。念のため補足しておくが、聞くに堪えない、というほどではないが、同価格帯の音楽向けヘッドフォンと比較すると、明らかに差があるということだ。

ゲーマーにとって嬉しい機能として、マイクを左右どちらにも接続できることや、手元でミュートできることなどが挙げられる。このほかにヘッドセットのケーブル部分は途中でコネクターが分離するため、強く引っ張った際にケーブルが断線しないような設計となっている。

オリジナルエディットが可能なカスタムパネル

A40の左右のパネルは、別売りのカスタムパネルを付け替えることが可能で、現在、日本でのサービスはスタートしていないが、北米のサービスでは、オフィシャルサイトから自分の好きな画像をアップロードして、オリジナルのカスタムパネルを作成することもできる。複数オーダーも可能なので、自分たちのチームやクラン単位でパネルを統一するのもいいだろう。

日本国内への発送も可能

コアゲーマーにとって所有欲を満たしてくれる良プロダクツ。こんな人にオススメ!!

A40は、ゲーミングデバイスの中でもかなり高額な商品(MIXAMPとのセットで29800円)のため、なかなか気軽に買えるものではない。だが、A40はゲーマー心をくすぐるプロダクツであることもまた、疑いようのない事実だ。「5.1chサラウンドでゲームをしてみたいけど家で大きな音を出せない」という人や「仲間とチームを組んでオフライン大会に出ている」という人、「カッコイイヘッドセットがほしい」人には、是非ともオススメしたい。

現在、東京・秋葉原の輸入ゲームショップ「メッセサンオーカオス館」では、実機を試聴できるコーナーを設置しているので、購入前に試してみるのもいいだろう。

A40主要諸元

トランスデューサー方式: ダイナミック、オープン
音声周波数特性:15 - 28,000 Hz
インピーダンス: 32 ohm
重量(ケーブルは含まず): 324 g
感度: 104 dB
装着状態:フルサイズ
ヘッドバンド圧: 2.6 N
歪率: 0.1% 以下
コネクター: マルチプル:1/4インチアダプター付き3.5mmミニステレオ, 2系統3.5mm端子付きPCケーブル
マイク:6.0mm単一指向ノイズキャンセリング

次回は、Astro Gamingのキモである、MIXAMPについて紹介していく。

現在、日本国内での販売は、オフィシャルサイトでの直販と、メッセサンオーカオス館での店頭・通信販売のみで流通している。
Astro Gaming(米)
http://www.astrogaming.com/
Astro Studios(米)
http://www.astrostudios.com/
筆者紹介/ 松井 悠 (編集部)
フリーライターとして1996年より活動。得意なゲームジャンルは、Player VS Playerのゲーム全般。 デジタルゲームを競技として捉える「e-sports」の普及のため、IGDA日本デジタルゲーム競技研究会世話人、世界最大のデジタルゲーム競技大会World Cyber Games日本プロデューサーや、中韓政府主催のInternational E-sports Festival日本プロデューサーを務める。 2011年より、オンラインゲーム「C9」公認ナビゲーター。2012年より、「Red Bull 5G」プロジェクトアドバイザー。近著に「デジタルゲームの教科書」、「デジタルゲームの技術」(いずれもソフトバンククリエイティブ刊)。

PLAY with Astro Gaming

アメリカ最大級のプロゲーマーリーグ「Major League Gaming」で公式ヘッドセットとして採用されているブランド、Astro Gaming。世界の著名ブランドのプロダクツを手がけてきたデザイナーが手がけるゲーミングデバイスの魅力を徹底紹介。
  • PSP
  • PS3
  • 360
  • PC
  • iOS
  • 連載

Astro Gaming A40ヘッドセット、2011年モデルはどう変わったのか?

2011年初頭にAstro Gamingより突如リリースされた「A40 2011Edition」。いままでにも、イヤーパネル部分の素材や、本体のフレーム素材、ケーブル部分などは、出荷ロットによって微妙に変化していたA40だが、今回初めてイヤーモデルとしてリニューアルされた。

  • PSP
  • DS
  • 3DS
  • iOS
  • ANDROID
  • MOBILE
  • 連載

スマートフォン向けインイヤー・カナル式ヘッドセット「A*STAR」

2011年初頭にリリースされたAstro Gaming最新デバイスは、スマートフォン向けのヘッドセット「A*STAR」。独特のデザインは好みが分かれるところだが……。

  • PSP
  • PS3
  • 360
  • PC
  • ETC
  • 連載

Astro Gamingって何だ?

アメリカ最大級のプロゲーマーリーグ「Major League Gaming」で公式ヘッドセットとして採用されているブランド、Astro Gaming。Nikeをはじめ、Xbox 360やAlien Wareなど、名だたるプロダクツをデザインしてきた企業が作り出した「ゲームに最適な」ヘッドセットとは?

  • PSP
  • PS3
  • 360
  • PC
  • ETC
  • 連載

カジュアルゲーマーに向けたA30ヘッドセット

今回ご紹介するのは、Astro Gamingのカジュアルヘッドセット「A30」。 このA30は、第2回で紹介したA40のIGNレビュースコア「9.5」を越え、「9.7(Amazing)」を記録。BEST of IGN2010を受賞したヘッドセットだ。

  • PS3
  • 360
  • PC
  • ETC
  • 連載

ある意味最強のゲーミングデバイスMix Amp

連載三回目は、Astro Gamingのキモともいえる、Mix Ampについて。「ヘッドフォンでのサラウンド+ボイスチャット環境」を構築できる高性能なデバイスだ。

この記事に対する反応

Negitaku.org
左右ボタン・マウスホイール・左右キーで選択、画像クリックでズーム(可能なら)、×アイコン・ESCキーでクローズ