• ETC
  • 海外ニュース

Game Developers Conference 2011 メインカンファレンス セッションハイライト参考訳

松井 悠(編集部) 2011-01-17

IGDA(国際ゲーム開発者協会)日本Webサイトにおいて、2011年2月28日から3月4日まで、アメリカ・サンフランシスコで行われるGame Developers Conference(GDC)のメインカンファレンスセッションハイライトの参考訳が掲載されています。

GDCとは、毎年アメリカで行われるゲーム開発者によるカンファレンスイベントです。
世界中のゲーム開発者が一堂に会し、ビジネス&マネジメントやゲームデザイン、プログラミング、ビジュアル・アーツ。オーディオといった様々なトラックでセッションが行われます。

現在、IGDA日本のGDC2011特設コーナーにおいて、メインカンファレンスセッションハイライト参考訳が紹介されています。

GDC : GDC 2011メインカンファレンス セッションハイライト参考訳が出そろいました
http://www.igda.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=414

また、2011年1月24日午後11時59分(東部標準時)まで、早期割引の申し込みがあります。
渡航をご検討の方はお早めにどうぞ。

筆者紹介/ 松井 悠 (編集部)
フリーライターとして1996年より活動。得意なゲームジャンルは、Player VS Playerのゲーム全般。 デジタルゲームを競技として捉える「e-sports」の普及のため、IGDA日本デジタルゲーム競技研究会世話人、世界最大のデジタルゲーム競技大会World Cyber Games日本プロデューサーや、中韓政府主催のInternational E-sports Festival日本プロデューサーを務める。 2011年より、オンラインゲーム「C9」公認ナビゲーター。2012年より、「Red Bull 5G」プロジェクトアドバイザー。近著に「デジタルゲームの教科書」、「デジタルゲームの技術」(いずれもソフトバンククリエイティブ刊)。
左右ボタン・マウスホイール・左右キーで選択、画像クリックでズーム(可能なら)、×アイコン・ESCキーでクローズ