http://btoshop.jp/2016/11/25/4562469770642/100万匹の羊https://play.google.com/store/apps/details?id=com.frecre.eikomusBFKhttp://eigomonogatari.com/
  • PS3
  • 360
  • ETC
  • 海外ニュース

GDC2011 企業・ミドルウェア会社 講演資料アップ情報(速報)

松井 悠(編集部) 2011-03-11

国際ゲーム開発者協会(IGDA)日本、y_miyakeのゲームAI千夜一夜において、GDC(Game Developers Conference)2011の、企業、ミドルウェア会社の講演資料のアップ情報速報が掲載されました。

以下、三宅 陽一郎氏 が、IGDA日本のブログ「y_miyakeのゲームAI千夜一夜」に掲載されていた情報を転載させて頂きました。
(編:)とあるものは、編集部側で追記したものです。

GDC 2011 の資料は、GDC Vault http://www.gdcvault.com/にアップされる予定ですが、最近では、企業が独自に、自社サイトで公開ページを作る傾向にあります。

開発会社の講演資料集のサイト

幾つかのサイトには既に GDC 2011 の資料が上がっていますが、まだアップされていないサイトも多いです。
しかし、これまでの講演資料が蓄積されていますので参考にされるといいでしょう。
今年のGDC講演やこれからの講演資料もアップされて行くと思います。

Bungie Publications(編:Haloシリーズ)
http://www.bungie.net/inside/publications.aspx

Valve Publications(編:HALF-LIFEシリーズ、Left 4 Dead、Portalなど)
http://www.valvesoftware.com/publications.html

Naughty Dog Presentations:Slideshare(編:アンチャーテッドシリーズ)
http://www.slideshare.net/naughty_dog/presentations

Insomniac Research and Development(編:ラチェット&クランク、レジスタンスシリーズ)
http://www.insomniacgames.com/research_dev

Dice publications (編:バトルフィールドシリーズ)
http://publications.dice.se/

Volition GDC Presentation Archive(編:レッドファクション、セインツロウシリーズ)
http://www.volition-inc.com/gdc/

ベンダー・ミドルウェア系の講演資料集のサイト

既に殆どのGDC2011の資料がアップされています。

Autodesk の GDC 2011 の講演・発表資料集
http://area.autodesk.com/gdc2011

Nvidia の GDC 2011 の講演・発表資料集
http://www.nvidia.com/object/gdc2011.html

Intel の GDC 2011 における講演・発表資料集
http://software.intel.com/en-us/articles/intelgdc2011/

個別講演資料公開ページ

以下、個々に既に上がっている講演資料公開ページを紹介します。

(1) Dice publications
http://publications.dice.se/

Dice の講演資料が集積されているサイトです。

既に、GDC 2011 の Christina Coffin さんの講演「SPU-Based Deferred Shading in BATTLEFIELD 3 for Playstation 3」(GDC講演リンク)の資料がアップされています。
Christina Coffin さんの経歴もすごいですね。
  http://web.mac.com/christinacoffin/iWeb/Site/Resume.html

(2) Autodesk の GDC 2011 の講演・発表資料集
http://area.autodesk.com/gdc2011

Kynapse AI の Sposered Session「Guillaume Aldebert (Autodesk)」Kynapse Middleware: Pathfinding Data Structures, from Multi-Core Generation to SPU UsageGDC講演リンク)のビデオ録画資料も上記のサイトから視聴できます。

また、他のセッションのビデオはこちらから視聴できます。
http://area.autodesk.com/gdc2011/sponsoredsess

(3) Insomniac の技術情報

Insomniac の技術情報は、 Research and Development に一括してアップされます。
http://www.insomniacgames.com/research_dev

Creating Satisfying Combat Experiences at Insomniac Games」Joel Goodsell (Insomniac Games)」(GDC講演リンク)の講演資料と動画資料です。

http://www.insomniacgames.com/research_dev/articles/2011/152568379

Insomniac は定期的に社内で勉強会をしているので、上記サイトの右にあるリストに、勉強会やこれまでのGDCの講演資料などがアップされています。

(4) Mike Ambinder (Valve Software)の講演資料

Mike Ambinder (Valve Software)「Biofeedback in Gameplay: How Valve Measures Physiology to Enhance Gaming Experience」(GDC講演リンク)の講演資料です。

http://www.valvesoftware.com/publications/2011/ValveBiofeedback-Ambinder.pdf

また、カンファレンス前に講演者が解説記事を書いてました。
GDC 2011 Preview: Mike Ambinder (EDGE ONLINE)
http://www.next-gen.biz/features/gdc-2011-preview-mike-ambinder

(5) Mega Meshes - Modeling, Rendering and Lighting a World Made of 100 Billion Polygons

Lionhead StudiosのBen Sugden and Michal Iwanicki GDC講演リンク) の講演資料です。

http://miciwan.com/GDC2011/GDC2011_Mega_Meshes.pdf

GDC に限らず欧米では様々なゲーム・学術カンファレンスが年中実施されているので、定期的に各企業のサイトをチェックすることをお薦めします。

情報元
GDC2011 企業・ミドルウェア会社 講演資料アップ情報(速報)
http://blogai.igda.jp/article/43785858.html
筆者紹介/ 松井 悠 (編集部)
フリーライターとして1996年より活動。得意なゲームジャンルは、Player VS Playerのゲーム全般。 デジタルゲームを競技として捉える「e-sports」の普及のため、IGDA日本デジタルゲーム競技研究会世話人、世界最大のデジタルゲーム競技大会World Cyber Games日本プロデューサーや、中韓政府主催のInternational E-sports Festival日本プロデューサーを務める。 2011年より、オンラインゲーム「C9」公認ナビゲーター。2012年より、「Red Bull 5G」プロジェクトアドバイザー。近著に「デジタルゲームの教科書」、「デジタルゲームの技術」(いずれもソフトバンククリエイティブ刊)。
http://ef-12.com/
左右ボタン・マウスホイール・左右キーで選択、画像クリックでズーム(可能なら)、×アイコン・ESCキーでクローズ