• プレスリリース

青少年プログラマ育成を目指したオリジナルゲーム開発コンテスト「9leap(ナインリープ)」が開催

編集部(gamer's express) 2011-04-27

UEIとD2C、青少年プログラマ育成を目指した スマートフォン向け
オリジナルゲーム開発コンテスト「9leap(ナインリープ)」を開催

株式会社ユビキタスエンターテインメント株式会社ディーツー コミュニケーションズは、プログラマを目指す青少年の育成を目的としたスマートフォン向けオリジナルゲーム開発コンテスト「9leap(ナインリープ)」を5月1日より開催し、作品の募集を行うと発表しました。

「9leap」は、2011年5月から2011年12月まで、提示されたテーマに沿ったJavaScriptベースのスマートフォン向けオリジナルゲーム作品を募集するコンテストです。コンテストは5月1日から8月31日までの前期と9月1日から12月31日までの後期に分け、それぞれの期間で優秀作品の発表を行います。受賞作品の開発者には、賞品として最新モデルのMacBook ProまたはMacBook Airが送られます。

さらに前期後期を通じて最も高い評価を得た3作品を「最優秀賞」として選定し、受賞作品開発者3名は2012年3月5日から9日にかけて開催予定の世界最大のゲーム開発者会議「Game Developers Conference」への視察旅行に、無料で参加できる権利を得られます。また、IGDA日本(国際ゲーム開発者協会日本)の主催するイベントへ登壇する権利を得ることができます。

応募は、一人何作品でも可能であり、応募された作品はコンテストの公式サイトから配信され、誰でも自由にプレイすることができます。応募資格は、小学生から25歳以下の日本在住の学生となります。

また、メディア・スポンサーとして週刊アスキーと月刊ベストギアが後援し、優秀作品を紹介していくコーナーなどを誌面に設ける予定です。

腕に自信のある方はもちろん、これを機に勉強しようという人も、挑戦してみてはいかがでしょうか。

9leap(ナインリープ) コンテスト概要

詳細公開2011年4月14日(開発ライブラリ公開)
募集期間2011年5月1日 ~ 2011年8月31日(前期)
2011年9月1日 ~ 2011年12月31日(後期)
受賞作品発表2011年9月(上旬)(前期:優秀賞)
2012年1月(上旬)(後期:優秀賞)
2012年1月(中旬)(通期:最優秀賞)
募集内容JavaScriptで書かれたスマートフォンで動作するオリジナルゲーム作品
応募方法9leap公式サイトのフォームからZIP形式で応募
応募資格小学生以上25歳以下の学生
審査方法公開審査と審査員による審査
審査員 ・清水 亮(株式会社ユビキタスエンターテインメント代表取締役社長兼CEO /ゲームデザイナー)
・宝珠山 卓志(株式会社ディーツー コミュニケーションズ 代表取締役社長)
・福岡 俊弘(週刊アスキー 総編集長)
・長谷部 敦(月刊ベストギア 編集長)
・水口 哲也(キューエンタテインメント株式会社 チーフクリエイティブオフィサー)
・南治 一徳(株式会社ビサイド 代表取締役社長)
賞品MacBook Pro15インチまたはMacBook Air 13インチ(優秀作品複数対象)
GDC2012視察旅行参加およびIGDA日本主催イベント登壇権(最優秀3作品対象)
主催株式会社ユビキタスエンターテインメント、
株式会社ディーツー コミュニケーションズ
協力国際ゲーム開発者協会日本 (IGDA日本)
URL:http://www.igda.jp/modules/bulletin/
メディア・スポンサー週刊アスキー、月刊ベストギア
応募されたゲームの公開は、応募された月の翌月1日、募集期間は2011年5月1日から2011年11月30日までの7ヶ月間です。
賞品は最新のモデルを選定させていただく為、変更する可能性があります。
公開審査の詳細に関しましては、公式サイトにて掲出いたします。
9leap(ナインリープ)のネーミングについて
単独の数として最大であり、究極を現す「9」は、あと1つ足せば桁が上がるという寸前の状態です。これをまだ世に出ていないが優れた能力を眠らせている若者にたとえ、青少年がその才能をのびのびと発揮し、互いに切磋琢磨しながら磨き上げることへの期待を表現しています。leapは、Leaders Education Achievement Programの略であるとともに、「飛躍」「跳躍」を意味する英単語でもあります。
『9leap』公式サイト
http://9leap.net
筆者紹介/ 編集部 (gamer's express)
左右ボタン・マウスホイール・左右キーで選択、画像クリックでズーム(可能なら)、×アイコン・ESCキーでクローズ