http://btoshop.jp/2016/11/25/4562469770642/100万匹の羊https://play.google.com/store/apps/details?id=com.frecre.eikomusBFKhttp://eigomonogatari.com/
  • 連載
  • 開発
ゲームの果て

第5回 グローバリズムとローカリズム

三宅陽一郎(ゲームAI開発者) 2013-02-01
ゲームの果て

二つのグローバリズム

グローバリズムには二つの考え方があります。一つは、世界で共通のスタイルを策定して、それにのっとって物事を進めようという考え方です。実際、多くの場合、そこには嘘があって、特定のローカルなルールを洗練しながら国際的なスタンダードにしようとする意図が見え隠れします。さまざまなパワーバランスの上に、そういったスタンダードが力を持ち始めると、それぞれのローカルな文化はおさえられ、変形・隠蔽・消滅されることになります。国際的な経済の仕組み、資本主義の席巻などをイメージされると良いでしょう。つまり、それは極めて都合の良い商業的なグローバリズムです。

もう一つのグローバリズムの考え方は、文化において存在するグローバリズムです。お互いの文化を尊重しながら、それらを一つのテーブルの上で争わせようとする方法です。そこでは逆に、それぞれの文化がどのような根を持ち、どんな花を咲かせるか、という勝負になります。庭に咲く草花の勢力争いのようなものですね。ファッションや絵画の世界を思い浮かべてみましょう。そこでは、トラディショナルなヨーロピアンスタイルを軸としながらも、時代時代で、日本、アフリカ、地中海、北欧など、さまざまな地域文化のモードを取り入れながら発展しています。
そこは文化のせめぎ合いを、公正な土壌で行おうとする場です。それぞれがローカルな文化に根を持って、グローバルに展開しようとせめぎ合う。これがコンテンツとしてのグローバリズムです。

商品としてのグローバリズム、コンテンツとしてのグローバリズム

ゲームはコンテンツであると同時に商品でもあります。そこでグローバリズムという時に、前者の商業的なグローバリズムに目が行きがちです。商品をグローバルに展開するということと、コンテンツをグローバルに標準化することが同じものとして扱われる傾向にあります。そこで「商品をグローバルに展開するために、コンテンツを万人に受けるものにする」という論理がまかり通ることになります。それは間違いではないですが、正解でもありません。ユニバーサルなコンテンツの基準というものは、本来あり得ないものだからです。
先に述べたようにコンテンツのグローバリズムは、それぞれにローカルな根を持って初めて展開する力を持つからです。だからデジタルゲームでは、「商品としてのグローバリズム」、「コンテンツとしてのグローバリズム」の二つの矛盾に常に苦しむことになります。そして日本のゲームはどちらも強く推し進めることができないまま、デッドロック(膠着)状態にあります。

ゲーム開発者に迫られる選択肢の先に

ゲーム開発者は今、自らの根を張るのか、根を削ぐのか、という選択肢を迫られています。また、どの部分の根を張り、どの部分の根を削ぐのか、という問いを突きつけられています。

しかし、一度こういう思考実験をしてみましょう。全員がグローバリズムに合わせて、自分と自分のコンテンツを国際標準化しました。そうしてしまった時に、自分と自分のコンテンツのアイデンティティはどこにあるでしょうか?皆がせっかくそれぞれのホームグラウンドを持ちながら、自らのルーツを抑制し標準化してしまった時に、そこには他者と自分を区別するアイデンティティがあるでしょうか?そこには100個の文化から集まった全く同じコンテンツが100個あるだけなのです。

グローバリズムの時代においては、ローカルなルーツこそがアイデンティティを与えます。ただローカルなルーツは万人に受け入れられるものでなくなる。しかし、標準化したのでは、他の商品との区別がつかない。では「ローカルでありつつ、グローバルであり得るもの」とは何でしょうか?芸術やコンテンツの歴史上で、そういった例はなかったでしょうか?もう一度この問いを考えてみることが、次の世代のゲームの出発点になると考えています。

本連載は個人として発信されているものであり、所属する団体等とは関係ありません。
ご感想・ご意見は @miyayou まで。
ブログ 「y_miyakeのゲームAI千夜一夜」(http://blogAI.igda.jp)
twitter @miyayou
facebook http://www.facebook.com/youichiro.miyake
筆者紹介/ 三宅陽一郎 (ゲームAI開発者)
1975年、兵庫県生まれ。京都大学で数学を専攻、大阪大学で物理学(物理学修士)、東京大学工学系研究科博士課程(単位取得満期退学)。2004年からゲーム業界で人工知能の研究・開発に従事。IGDA日本ゲームAI専門部会設立(世話人)、日本デジタルゲーム学会(研究委員)、CEDECアドバイザリーボード。ACM、IEEE Computational Intelligence Society、AAAI、人工知能学会会員。共著『デジタルゲームの教科書』『デジタルゲームの技術』(ソフトバンク クリエイティブ)、翻訳書『ゲームプログラマのためのC++』『C++のためのAPIデザイン』(ソフトバンク クリエイティブ)監修。「はじめてのゲームAI~意思を持つかのように行動するしくみ~」(WEB+DB PRESS Vol.68 技術評論社)論文、講演資料はWebブログを通じて公開している。

ゲームの果て

  • 連載
  • 開発

第7回 ゲームにおけるキャラクターAIの賢さとは何か?

小説は現実と違います。しかし人間は文字を読みながら想像し、文字からでさえ、体験を作りだすことができます。虚構に現実感を与えるのは人間です。

  • プレスリリース
  • 連載
  • 開発

第6回 移り行くデジタルゲームの意味

デジタル世界の中で、どこにもつながらない閉じた世界と、どこかにつながって行く世界、この二つが乖離する以上、デジタルゲームはかつてのようなデジタル時代の予行演習(=ゲーム)の意味を完全に失っているのです。

  • 連載
  • 開発

第4回 二つの世界

僕の故郷は瀬戸内海に面した小さい街ですが、とても美しい街です。この街からは空がとても美しく見えます。僕は中学も高校も大学も勉強と研究に明け暮れて、一人でいることが多かったですが、眺める空はいつだって、僕を科学的空想やファンタジーの世界に誘ってくれました。

  • 連載
  • 開発

第3回 ゲームの価値は。

「かつてテレビゲームの価値は自明だった」 と言うと、少し大袈裟に聞こえるかもしれません。しかし、僕たちの世代は、ちょうど小学校3年生を境に、テレビゲームのあった時代となかった時代の境界を生きた世代です。だから、テレビゲームが拓いてくれた世界の広さを身をもって体験した世代です。

  • 連載
  • 開発

第2回 何のためにゲームを作るか?

デジタルゲームは食べ物でも、自動車でもありません。この世界のインフラではありません。エンターテインメントであり、時に芸術でもあります。この二つである限り、ゲームは常に自分自身のアイデンティティを自分自身で問い続け証明しなければならない運命にあります。

  • 連載
  • 開発

第1回 連載にあたって

こんにちは。三宅です。僕は日本の東京でゲーム開発、特に人工知能を専門にしています。まずおことわりをしなければならないのですが、この連載は個人として書いているもので自分のいかなる公的な立場とも関係しないものです。

この記事に対する反応

Negitaku.org
左右ボタン・マウスホイール・左右キーで選択、画像クリックでズーム(可能なら)、×アイコン・ESCキーでクローズ