https://play.google.com/store/apps/details?id=com.frecre.eikomus
  • プレスリリース
  • イベント

東北ITコンセプト 福島GameJam2013 ロゴ&ポスターコンテストのお知らせ

編集部(gamer's express) 2013-05-07
以下、メーカーからのプレスリリース内容をそのまま掲載しております

東北ITコンセプト 福島GameJam2013
ロゴ&ポスターコンテストのお知らせ

■本コンテストの概要

特定非営利活動法人 国際ゲーム開発者協会日本(NPO法人IGDA日本)が主催する「東北ITコンセプト 福島GameJam 2013」(公式サイトhttp://fgj.igda.jp/ )のメインビジュアルを兼ねたポスターおよびロゴをデザインしていただきます。本ポスターはウェブサイトやメイン会場などで掲示させて頂きます。開催趣旨に即したデザインであることが条件です。

■開催趣旨

東日本大震災により、東北三県は多彩な被害を受け、被災地は今も復興の途上にあります。その中でも有望視されているのが、風評被害などを受けないIT/ICT産業です。IGDA日本は2011年、2012年に「福島GameJam」を開催し、国内外から高い評価を得ましたが、本年は昨年までの南相馬市に加えて郡山市にも会場を開設し福島県広域開催し、参加者向け事前セミナーや、当日見学者向けセミナー、ワークショップにより次世代を担うIT産業の人材育成に尽力します。

▽震災被災地の今と、復興に向けた取り組みと力強さの国内外への発信
▽次世代を担う子どもたちや若者への教育プログラム提供による風評被害を受けることのないIT分野での人材育成
▽新たに郡山市にも会場を設置することで南相馬市という“点”から福島県という“面”に開催地を広げ、広域ITクラスター実現の礎とする

GameJamとは会場に集まった参加者が、少人数からなるプロ・アマ混合の即席チームを構成し、短時間でゲームを開発するイベントです。この経験を通して、アマチュアの開発者はプロの開発手法を直接的に学ぶことができ、言語化が難しい暗黙知を効果的に体得できます。またゲームを作る楽しさを体感してもらうことも目的の一つです。

■主催・審査員

国際ゲーム開発者協会日本(NPO法人IGDA日本)

■募集内容:福島 GameJam 2013のロゴおよびロゴ入り告知ポスター

・ポスターはロゴのデザイン・配置も含めて制作していただきます
・ロゴ、ポスターはウェブ告知など関連目的で個別に使用させていただきます。

■賞:最優秀賞(1点)

・ロゴ、ポスター使用時には制作者名が明記されます。
・受賞者は浜通り南相馬会場もしくは中通り郡山会場に優先的にご参加いただけます。 ※バス発着地もしくは現地までの交通費はご負担ください。

■募集締切

 2013年5月19日(日)23:59迄

■応募方法

提出データを fgj_force@igda.jpまでメールで送付してください
メール件名を「福島GameJam 2013ポスターコンテスト応募の件」とすること

■参加資格

プロ・アマチュアは問いませんが日本語で連絡がとれる方に限らせていただきます

■発表

IGDA日本公式サイトおよびリリースにて発表します

■提出物

以下の3つのデータを作成していただきます。
▽ポスター:入稿用版下データ(実寸)
▽ロゴ:入稿用版下データ(実寸)
▽ポスターとロゴを組み合わせた入稿用版下データ(実寸)

■応募データ仕様

・ポスターサイズ:A0版(天地841ミリ×横幅1189ミリ)【タテ】
(2011年度入稿データを参照)
http://fgj.igda.jp/wp-content/uploads/2013/04/FGJ_poster2011.zip
・色は全てCMYK/スポットカラー不可
・使用アプリ・データ形式:Illustrator CS4/eps、aiファイル/350dpi
・ポスターデータは、イベント概要などが加わることを想定したデザインとすること(天地150ミリ×横幅523ミリ程度)
・ポスター下部に主催・協賛ロゴデータが入るスペースを用意すること(天地135ミリ程度)概要・ロゴデータは追加デザインさせていただきます。
・ロゴは拡大縮小・モノクロで使用する可能性があるので、それを考慮したデザインとすること。

■備考

・別途、文字データ等を追加する場合があります
・応募時の個人情報を含む全ての情報はIGDA日本が管理し「東北ITコンセプト 福島GameJam 2013」および、関連するイベント運営にのみ利用するものとします。

■著作権の扱い

応募の過程において新たに発生した著作物に関する著作財産権(著作権法第27条及び第28条の権利を含む)は、何らの新たな書面を要することなく本応募により、特定非営利活動法人 国際ゲーム開発者協会日本(NPO法人IGDA日本)に無償で使用許諾され
るものとします。また、応募者は、著作権法第18条ないし第20条の著作人格権をIGDA日本に行使しないものとします。なお、IGDA日本および福島GameJam2013の共催、協賛、協力団体は本応募作を一般的広報宣伝活動においても無償で使用できるものとします。ただし本応募作の著作権を含む、その他一切の権利は応募者に帰属するものとします。

■開催概要

正式名称: 東北ITコンセプト 福島GameJam 2013
公式サイト: http://fgj.igda.jp/
主催: 特定非営利活動法人 国際ゲーム開発者協会日本(NPO法人 IGDA日本)
共催: 福島県南相馬市, 国際ゲーム開発者協会東北(IGDA東北)
協賛: サイバーズ株式会社, 株式会社グルーブシンク, AIM ENTERPRISE Inc.
Sprite Studio, マッチロック株式会社, IPQuick, 株式会社CRI・ミドルウェア
(順不同・現在複数社に協賛依頼中)
期間: 2013年8月3日(土曜)〜4日(日曜)
会場: 浜通り南相馬会場・市民文化会館ゆめはっと
中通り郡山会場・WiZ専門学校 国際情報工科大学校
協力: onionfly.tv, 財団法人南相馬市文化振興事業団, BaNyaK 他

■本件に関する問い合わせ: fgj_force@igda.jp

(誠に申し訳ありませんが電子メールのみでの対応とさせて頂きます)

筆者紹介/ 編集部 (gamer's express)

関連記事

  • イベント

東北IT コンセプト 福島GameJam in 南相馬 2012 ポスター&ロゴ・コンテスト受賞作品発表

国際ゲーム開発者協会日本(IGDA 日本)は、「東北IT コンセプト 福島GameJam in 南相馬 2012」の開催テーマ「GameJam を通した人材育成」、「被災地が元気であることの国内・海外に向けたアピール」、「被災地を中心とした広域IT クラスター形成の可能性の模索」を象徴する、ポスター&ロゴ・コンテストを開催

  • イベント
  • 開発

ゲームクリエイターの暑い夏。ゲーム作りを短期間で行う「ゲームジャム」に参加してみよう。

その場に集まった開発者たちと短期間ゲームを作り上げるゲームジャム。7月には「WEGゲームクエスト:市川チャレンジ#1」、8月に行われる「福島GameJam2012」といったゲームジャムイベントが開催されます。

  • プレスリリース
  • イベント

IGDA 日本は8 月3 日〜4 日30 時間のゲーム開発イベント 「東北IT コンセプト 福島GameJam 2013」を開催!

IGDA 日本は2011 年、2012 年に開催し、国内外から高い評価を得た「福島GameJam」を本年も開催。本年は昨年までの南相馬市に加えて郡山市にも会場を開設

  • プレスリリース
  • イベント

東北IT コンセプト 福島GameJam2013 参加者向け事前セミナー開催のお知らせ

本セミナーは福島GameJam2013 のコンセプトの一つである「次世代を担う子どもたちや若者への教育プログラム提供による風評被害を受けることのないIT 分野での人材育成」を目的として開催するもので、福島GameJam2013 に参加される方はどなたでも無料で受講できます。

  • イベント
  • 音楽
  • 開発

ゲームオーディオの概論を総チェック! 学生だけでなく、プロも参加したSIG-Audio#08

IGDA日本SIG-Audioは7月19日、第8回研究会「ゲームオーディオ業界エントリーセミナー」をスクウェア・エニックスで開催しました。

  • プレスリリース

GlobalGameJam2014 国内参加会場運営 協賛企業決定のお知らせ

GameJamは会場に集まった参加者が、少人数からなるプロ・アマ混合の即席チームを構成し、短時間でゲームを開発するイベントです。

この記事に対する反応

左右ボタン・マウスホイール・左右キーで選択、画像クリックでズーム(可能なら)、×アイコン・ESCキーでクローズ