• プレスリリース
  • イベント

IGDA日本 同人・インディーゲーム部会(SIG-Indie) 第10回研究会「PlayStation Mobileの現状と可能性」 開催のお知らせ

編集部(gamer's express) 2013-05-08
以下、メーカーからのプレスリリース内容をそのまま掲載しております

IGDA日本(国際ゲーム開発者協会日本) 同人・インディーゲーム部会(SIG-Indie)は、第10回研究会を2013年6月1日(土)に開催します。

現在、インディーズ開発者向けのゲーム発表環境が急速に整備されてきています。PC向けのVALVE STEAM、Xbox向けのマイクロソフト XBLA/XBLIG、iOS向けのアップル App Store、Android OS向けのグーグル Google Playに加えて、近年はPlayStation VitaやXperia、他のスマートフォン向けの開発・発表環境である、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「PlayStation Mobile(PSモバイル)」も選択肢に入るようになりました。

日本発のプラットフォームであり、PS Vitaの好調もあって、関心をお持ちの方も多いと思います。一方で、新興のプラットフォームであるため、可能性は未知数と思っている方も多いと思いま す。そこで、今回のSIG-INDIEでは、SCEの方によるブリーフィングと、すでにPSモバイル向けにゲームを発表した開発者の方によるポストモーテ ム(事後分析)を主体とした研究会を行うこととなりました。

SCEの方、開発者の方にお話を伺ったり、ご要望をお伝えしたりする、またとない機会です。PSモバイルでゲームを発表しようと考えているサークル、開発者の方はふるってご参加ください!

<概要>

■日時

2013年6月1日(土) 11:20-18:00 (受付時間10:20-)

懇親会 18:30-20:30

■場所

SCE SSJ品川ビル http://www.scei.co.jp/corporate/data/map.html

■主催

特定非営利活動法人 国際ゲーム開発者協会日本(NPO法人 IGDA日本)

■定員

80名(ゲームに関心のある方であれば、どなたでも参加できます)

■参加費

◎研究会のみ:2,000円
◎研究会および懇親会:5,500円 ※懇親会のみチケットはありません。

■申し込み方法

IGDA日本ニュースサイトをご覧ください
http://www.igda.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=1014

◎主な講演内容

・七邊信重(マルチメディア振興センター)
「趣旨説明とSIG-Indie、東京ロケテゲームショウ、TGSインディーズのご紹介」

小山友介(芝浦工業大学)
「ソーシャルゲームユーザーと家庭用ユーザーの違いと重なり」

大前広樹(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン)
「PSモバイルとUnity」(仮)

浅野剛史(ソニー・コンピュータエンタテインメント モバイルサービス事業推進部)
「PlayStation Mobile現況および今後の展開について」

調整中(ソニー・コンピュータエンタテインメント)
「PlayStation Mobile技術解説」(仮)

isao(神奈川電子技術研究所) http://www.shindenken.org/top.html
「『僕は森世界の神になる』がPlayStation Mobileで発売されるまでの流れ」

佐川直樹(こびとスタジオ) http://www.angelword.net/kobitostudio/
「PSMとXNA - とある同人サークルの一存」

マサシロウ(ぜろじげん) http://blog.zerozigen.com/
「PSMで多言語ノベルゲームを作る - シムシップ(世界同時配信)を狙う、あるサークルの野望と現実」

山田八畳丸(サークルやまどん!) http://ameblo.jp/y8jo/
「PSM向けノベルゲームの開発の課題」

パネルディスカッション(もしくはQ&A) モデレーター:板垣貴幸(IGDA日本監事)

■取材について:取材希望のプレス様は事前にお問い合わせください。

特定非営利活動法人 国際ゲーム開発者協会日本(NPO 法人 IGDA 日本)について

国際ゲーム開発者協会(igda.org)は米国加州に本部を置く全世界で 1 万人超の登録会員を数える、ゲーム開発者個人を対象とした国際 NPO 団体です。1995年に米国で設立され(後に米国加州法 NPO 法人)、日本支部は 2002 年に設立。2012 年 12 月に NPO 法人となりました。ゲーム開発者間の情報共有とコミュニティ育成をミッションとし、さまざまな活動を行っています。
IGDA 日本公式サイト
http://www.igda.jp/

■SIG-Indieについて

SIG-Indieはゲーム開発者の裾野拡大と、商業・非商業・プロ・アマチュアを区別することなく、企業内以外でのゲーム開発・販売・流通などに関する知見の共有、ならびに開発者間の交流を目的として設立されました。
SIG-Indieの世話人は、七邊信重(マルチメディア振興センター)、小山友介(芝浦工業大学)、大澤範之(Maniac House)です。

筆者紹介/ 編集部 (gamer's express)
左右ボタン・マウスホイール・左右キーで選択、画像クリックでズーム(可能なら)、×アイコン・ESCキーでクローズ