• プレスリリース
  • 開発

「福島ゲームジャム in 文化庁メディア芸術祭」(2月8、9日) 第17回文化庁メディア芸術祭(六本木・国立新美術館)にて開催のお知らせ

編集部(gamer's express) 2014-01-20
以下、メーカーからのプレスリリース内容をそのまま掲載しております

IGDA日本が2011年より毎年8月に開催しております、『東北ITコンセプト 福島GameJam』が「第17回文化庁メディア芸術祭」にてエンターテインメント部門・審査委員会推薦作品に選出されました。

(http://j-mediaarts.jp/ → http://j-mediaarts.jp/awards/recommends?locale=ja&section_id=2 )

本選出により機会をいただき、文化庁メディア芸術祭・受賞作品展(2014年2月5〜16日)の期間中、2月8日(土)、9日(日)に「福島ゲームジャム in 文化庁メディア芸術祭」として、制作ワークショップおよび成果発表会を開催いたします。

■「福島ゲームジャム in 文化庁メディア芸術祭」

開催概要 / http://fgj.igda.jp/

□制作ワークショップ(2月8日(土)10:00〜17:30)

内容: 国立新美術館の研修室でレクチャーと短時間でのゲーム制作に挑戦する、ゲーム制作のダイナミズムを体験するワークショップです。当日は、福島GameJam参加者と一緒にゲーム制作をしていただきます。閉館後も提出締め切り迄は引き続き制作していただけます。 (※IGDA日本にて特別会場を御用意します)

定員: 25名

対象: ゲーム制作者、ゲーム、デジタルコンテンツ制作に興味がある学生、若手社会人
ハッカソン/ゲームジャム形式で短時間での制作に興味がある方

講師:中林 寿文(審査委員会推薦作品『東北ITコンセプト 福島ゲームジャム』運営事務局 代表 / IGDA日本 副理事長)

ゲスト: 新 清士(ゲームジャーナリスト / IGDA日本 名誉理事)

スーパーバイザー:
飯田 和敏(第17回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門審査委員/ゲーム作家/デジタルハリウッド大学教授) 岩谷 徹(第17回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門審査委員/ゲームクリエイター/東京工芸大学教授)

□成果発表会(2月9日(日)10:30〜12:30)

内容: ワークショップで制作した作品を参加者が発表する一般公開イベントです。
会場: 国立新美術館 3階講堂(250名収容) 講師:中林 寿文(上記参照) / 長久 勝 (運営事務局 副代表)
ゲスト: 新 清士(上記参照) /スーパーバイザー: 飯田 和敏(上記参照) / 岩谷 徹(上記参照)

■「東北ITコンセプト 福島GameJam」の開催趣旨と概要

福島GameJamは東日本大震災の被災地復興支援を目的として、2011年から毎年8月、福島県を中心に開催してきたものです。3回目を迎えた本年度では以下の3点を掲げ、浜通り南相馬会場、中通り郡山会場を主会場として、世界4カ国・地域の全14会場、531名の参加により広域開催しました。

(1)震災被災地の今と復興に向けた取り組みと力強さの国内外への発信
(2)次世代を担う子どもたちや若者への教育プログラム提供による風評被害を受けることのないIT分野での人材育成
(3)3年目は新たに福島県南相馬市に加え、福島県郡山市にもメイン会場を設置し、

南相馬市という“点”から福島県という“面”に開催地を広げ、広域ITクラスター実現の礎とする
また子ども向けワークショップを通した地域連携や、協賛企業による事前ツールセミナーなども実施し複合的なイベントとなりました。
IGDA日本では今後もゲーム開発を通した復興支援、地域活性化を目指した事業を展開して参ります。

開催年201120122013
国・地域124
会場数5514
参加数120170531
テーマつながるRISEJump
GameJamとは会場に集まった参加者が、少人数からなるプロ・アマ混合の即席チームを構成し、短時間でゲームを開発するイベントです。この経験を通して、アマチュアの開発者はプロの開発手法を直接的に学ぶことができ、言語化が難しい暗黙知を効果的に体得できます。またゲームを作る楽しさを体感してもらうことも目的の一つです。

■2013年 開催概要

正式名称: 東北ITコンセプト 福島GameJam 2013
公式サイト: http://fgj.igda.jp/
主催: 特定非営利活動法人 国際ゲーム開発者協会日本(NPO法人 IGDA日本)
共催: 福島県南相馬市, 国際ゲーム開発者協会東北(IGDA東北)
協賛: サイバーズ株式会社, 株式会社グルーブシンク, AIM ENTERPRISE Inc.
Sprite Studio, マッチロック株式会社, IPQuick, 株式会社CRI・ミドルウェア
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社, オートデスク株式会社
WiZ国際情報工科大学校,国際アート&デザイン専門学校,Epic Games Japan合同会社
DELL株式会社, 株式会社ユビキタスエンターテインメント
後援: 福島県教育委員会, 南相馬市教育委員会, 郡山市教育委員会, 浪江市教育委員会
本宮市教育委員会, 田村市教育委員会, 三春町教育委員会, 富岡町教育委員会
須賀川市教育委員会
期間: 2013年8月3日(土曜)〜4日(日曜)
会場: 浜通り南相馬会場・市民文化会館ゆめはっと
中通り郡山会場・WiZ専門学校 国際情報工科大学校
協力: onionfly.tv, 財団法人南相馬市文化振興事業団, BaNyaK, IMEC株式会社 他

筆者紹介/ 編集部 (gamer's express)
左右ボタン・マウスホイール・左右キーで選択、画像クリックでズーム(可能なら)、×アイコン・ESCキーでクローズ