http://btoshop.jp/2016/11/25/4562469770642/100万匹の羊https://play.google.com/store/apps/details?id=com.frecre.eikomusBFKhttp://eigomonogatari.com/
  • PC
  • 連載
プロゲーマーファイティン!

日本LoL界の人気解説者aska氏スペシャルロングインタビュー

スイニャン(フリーライター) 2014-03-19
プロゲーマーファイティン!

日本LoL界の人気解説者aska氏スペシャルロングインタビュー

前回は『e-Sports SQUARE AKIHABARAプレス発表会』の模様をお伝えしました。実はこのとき記事には書きませんでしたが、私が密かに大注目していた人物がいたのです。それは「League of Legends (LoL)」で解説席に座っていたaska氏です。可愛らしい外見もさることながら、LoLの豊富な知識を生かした解説で絶大な人気を博しています。そこで早速私スイニャンが取材を敢行してまいりましたので、LoLに詳しい人もそうでない人も、是非aska氏の魅力あふれるインタビューをご堪能ください。

プロフィール

所属DetonatioN
生年月日1991年8月30日
学歴慶應義塾大学 環境情報学部 3年在学中
経歴2013年11月 Tt eSPORTS presents LoLオンライントーナメント 解説
2014年2月~ League of Legends JAPAN LEAGUE 解説

■いちプレイヤーとして語るLoLのあれこれ

――まず、LoLを始めたきっかけから教えてください。
僕は元々「Counter Strike」「Call of Duty」など、FPSのゲームをプレイしていたのですが、今でも親しくしている「True Combat Elite」というFPSゲームで知り合った仲間の一人がLoLを勧めてくれたのを機に皆で始めました。時期としては約3年前、LoLのシーズン1が始まってしばらく経った頃ですね。

――LoLの実力はいかがですか。選手として活動する予定はありませんか。
実力はシーズン2の頃がピークだったと思います。一番上のレベルであるチャレンジャーを目指すのは厳しいと思っているので、今はそのすぐ下のダイヤモンド1まで上げてキープしている感じです。僕は韓国の友達が多くて韓国サーバーで大会にも出ていたんですが、彼らが(徴兵制度の為)軍隊に入隊して、今はプレイができないんです。せっかく彼らとチーム活動をしていたので、彼らのいない間、僕は別の方向で楽しもうと思っています。今のところ大会に出るよりも観戦や解説のほうが楽しいので、現段階では選手として活動するつもりはありません。

――LoLの魅力はどんな点だと思いますか。
「Dota」「StarCraft」のようなMOBA(※1)やRTS(※2)は自分には無理だと思ってすぐやめてしまいましたが、LoLはカジュアルでとっつきやすかったため長続きしました。しかもFPSやMMOなどをやっていた僕にとってこれほど頻繁にバランス調整が行われるゲームは初めてで、毎週パッチで新しい戦略が生まれたり強いチャンピオン(※3)が変わったりするというのが新鮮でしたね。次は何が強くなるんだろうと考えたりできるところが魅力だと思います。

※1Massively Online Battle Arenaの略。2チームに分かれたプレイヤーがそれぞれの拠点を制圧することを目的としたゲーム
※2RealTime Strategyの略。リアルタイムで進行する戦局に対応しつつ、戦略を立てながら敵と戦う。
※3プレイヤーが操作するキャラクター。LoLの場合、登場するチャンピオンの数は100種類を超えており、現在でも定期的に追加されている。

――これからLoLを始めようと思っている人や初心者に何かアドバイスをお願いします。
LoLの面白いところは、チャンピオンの数が非常に多く(開発元による)バランス調整が頻繁に行われるので、弱小と思われていたチャンピオンがあるときを境に再評価されることもかなり多いですね。例えば中国の元プロゲーマーのTabe選手が、ミッドレーンと呼ばれるマップ中央のレーン(※4)でしか活躍できないと思われていたチャンピオン「アニー」を、初めてサポートの役割として運用したことで世界的に一気に流行り、今では定番となっています。考えることが好きな人は、プロですら気づいていない戦術を生み出せる可能性もあると思います。もし自分の気に入ったチャンピオンの評価が低くても、他のチャンピオンと組み合わせて使うことで強くなるのではないかといった発想を持ってプレイすると、新たな楽しみが生まれるんじゃないでしょうか。

※4フィールド上に存在する3本の主流通路。上からトップレーン、ミッドレーン、ボットレーンと呼ばれる。

■観戦者として見たLoLのeスポーツシーン

――現在、一番注目しているプロシーンや大会を教えてください。
今一番世界でレベルが高いと言われているのが韓国のプロシーンで、北米や欧州がそれに次ぐ形なのですが、僕は韓国の試合ばかり見ています。OnGameNet主催の『LoL Champions』は毎シーズン欠かさず見ていますし、『LoL Masters』という新しい大会もチェックしています。韓国のプロシーンの特徴は非常に保守的で、中国シーンのように奇抜なチャンピオンの選択をすることはほとんどありません。北米シーンではお互いアグレッシブすぎて韓国では信じられないようなミスをすることもあって、見せ物としては北米のほうが面白いのかも知れませんが、僕は堅実なスタイルのほうが好きなので韓国の大会をよく見ています。

――好きな海外プロゲーマーはいますか。
CJ Entusの大ファンでFrostBlazeという2チームがあるんですが、僕はトップと呼ばれるマップ上部のレーンを担当しているので、同じくトップレーンを担当しているShy選手とFlame選手が好きです。チーム練習を中心にやる選手が多い中、Flame選手は他の選手に比べて「Solo Queue」という個人練習のゲームモードをよくやっており、個人技のレベルが非常に高い選手です。しかもイケメンなので、韓国でも女性ファンが極めて多いです。残念ながら彼らは契約の都合でプレイ配信はできないんですが、Flame選手のプレイはゲーム内の「スペクテート機能(※5)」を利用して以前からよく見て参考にしています。

※5観戦モード。

――では、国内で注目している選手や仲の良い選手は誰ですか。
まずはOzone RampageAotaka選手ですね。彼も韓国のシーンに注目しているうえに同じトップレーン担当ということもあって、意見の合うところが多い選手です。純粋に彼が日本で一番上手いトップレーン担当の選手であると思っているので注目しています。もうひとりはDetonatioN Rabbit FiveAwaker選手です。彼とは個人的にも親交があり、よく一緒に遊んでいます。彼のプレイは本当に安定していて、非常に理論的な選手なんです。相手の動きを読む能力や試合全体の流れを把握することに長けているので、Awaker選手を中心にDetonatioN Rabbit Five全体にも注目しています。

――日本が世界のレベルに追いつくための一番の課題は何だと思いますか。
ひとことで言うとマクロ面の知識や戦術ですね。具体的に言うと、タワーやドラゴンなどのオブジェクティブを獲るためにキルを取るという意識が足りないのかなという風に感じます。例えばキルは取っているけどその場所や相手が重要ではないため、キルを取ったところでオブジェクティブの獲得につながらないということが非常に多いです。これは韓国がずば抜けていて日本のチームだけが足りていないというわけではないのですが、その部分を改善していけばもっとレベルが上がるのかなと思います。

■もっと知りたい! aska氏の生い立ちや素顔に迫る

――帰国子女とのことで、LJ LEAGUEでも流暢な英語を披露して話題になりましたね。
小学校時代をインドにあるアメリカンスクールで過ごしたので、授業で英語を使い外国語としてフランス語やスペイン語を学びました。僕は学校で日本語を国語として勉強したことがないので、母語は英語です。そして中学の終わりに日本に帰国し、インターナショナルスクールに通っていました。その後一度イギリスの大学に通っていたんですが、やりたいことが変わったので、日本に帰国して慶応に通っています。

――では、日本語の習得はどのようにしたのですか。
両親は日本人なので家では日本語を話すことのほうが比較的多く、喋ることは小さいときからできました。でも勉強したことはなかったので漢字が読めない、熟語を知らない、何だコイツって感じでした(笑)。ところが中学の頃に「三国無双」というゲームをやって原作が「三国志」というものらしいと知り、読んでみたところ面白かったので、辞書を片手に歴史小説を読みあさったんです。そのおかげで人並みに漢字が分かるようになり国語力も伸びました。なので、ゲームがきっかけです(笑)。

――PCゲームではLoL以外にはどんなゲームをしていますか。また、他の趣味はありますか。
6歳ぐらいの頃に「Unreal」というFPSを姉と一緒にやったのが一番最初で、あとは「Age of Empires」もやっていました。その他MMOも遊んでいましたが、競技的なタイトルはFPS一辺倒でしたね。そして3年前にLoLを始めましたが、今もたまに「AVA」をやっています。他の趣味は読書ですね。だいたい2~3日に1冊のペースで読んでいます。あとは小学校高学年の頃から囲碁をやっていて、今も続けています。他にはサッカー観戦が大好きでドイツのドルトムントというチームの大ファンなので、毎週朝早く起きてというか夜更かしして見ています(笑)。

――女性ファンも多いようですが、理想のタイプを教えてください。
ファンなんていませんよ!(笑)しかも、理想のタイプ? ちょっと待ってください!(笑)ええと…そうですねえ。知的好奇心が強く、何か分からないことがあったときに誰かに聞こうとか放っておこうというタイプではなく、一緒に考えようとしてくれる女性が好きです。外見ですか? 自分があまりガッシリしていないので、しいて言えば華奢な女性がいいですね。

■人気解説者としての地位を確立したaska氏の魅力とは

――解説を始めたきっかけから聞かせてください。
僕は以前から身内でワイワイする目的でツイッターをやっていたんですが、ちょうど1年前ぐらいからLoLをやっていそうな人を100人ぐらいフォローしてLoLの情報をツイートしたりプレイヤーと交流したりするようになったところ、ツイッターをやっているLoLプレイヤーの間で知られるようになったんです。それがきっかけでDetonatioNLGraNさんと知り合いになり、Tt eSportsの大会の解説をやることになりました。

――自分の解説において自信のある点や聞いてもらいたい点はどんなところですか。
韓国のプロシーンをチェックしている割合が高いので、そのあたりの知識は多いのかなと思います。LoLでは使用禁止にするチャンピオンと使用するチャンピオンを試合前に選ぶ「バンピック」という時間があるんですが、そこで韓国の戦略に関する話を盛り込んだりしているので、そういった部分は皆さんに聞いてもらいたいですね。

――では、自分の解説において課題はありますか。
僕はわりとじっくり考えて失敗がないように喋りたいタイプなので、あまり自信のない意見だと口にするのをためらってしまうんです。海外の解説を聞いていても、彼らはその場その場で思ったことをどんどん言っていて、後々ゆっくり考えてみると間違っているという発言はいくらでもあるんですよね。もちろん間違えないのが一番ですが、間違えることを恐れるあまり解説の質が薄っぺらくなるぐらいなら、もっと思ったことをどんどん発信していきたいです。

――解説者として、そしてeスポーツに携わる人間として、目標は何ですか。
僕はOnGameNetの英語解説を担当しているMonteCristo氏を尊敬していて、本当に目標にすべき人物であると思っています。彼のすごいところはその場その場で的確なことを言うだけでなく、初心者から上級者まで幅広く誰が聞いても何か得られるような解説をするんです。自分は足元にも及びませんが、誰が見てもためになる解説ができるようになれればいいですね。eスポーツに携わる人間としてはこれといって大きな目標はないんですが、僕は平凡ないちプレイヤーとしてやっていくんだろうと思っていたので、こういう機会をいただいた以上は自分のできる範囲でLoLの普及に貢献できたらと思っています。

――最後にファンの皆さんや読者の皆さんにメッセージをお願いします。
いつもツイッターや会場で温かいお言葉をかけてくださってありがとうございます。解説をする上で非常に励みになっています。そしてLoLに興味はあるけど今からやっても上手い人に追いつけないんじゃないかと考えている読者の方々もいるかも知れませんが、先ほども言ったようにLoLは戦略が激しく変わるゲームであり、強豪チームですらひとつのパッチで大きく崩れたりすることもあるんです。なので、自分が新しい戦略を開拓してやるというぐらいの気持ちで、楽しんでもらえればと思います。

私も聞きたいことが山ほどあったうえaska氏もインタビューが初めてということもあり、思いがけずロングインタビューとなりましたが、楽しんでいただけたでしょうか。この連載の読者の皆さんはスイニャンといえばStarCraftというイメージが定着しているかと思われますが、aska氏の解説に触れてからLoLの大会も頻繁にチェックするようになりました。プレイに興味のある人はもちろん、ちょっと気になるという人は毎週日曜日に行われている『LJ LEAGUE』の配信をチェックしてみてはいかがでしょうか。さらに3月30日(日)にはe-sports SQUAREにて『LJ LEAGUE』今シーズン最終戦のオフライン大会が予定されていますので、都合があえば観戦に行ってみるのもいいかもしれません。

League of Legends JAPAN LEAGUE公式サイト
http://e-sports-square.com/ljl/
筆者紹介/ スイニャン (フリーライター)
貿易会社を退職後、単身韓国へ留学。韓国人男性と結婚し5年間の韓国生活を経て、現在は日本在住。在韓中にプロゲーマーにハマり、ニュースサイト『starcraft times』の運営メンバーの一員として、記事翻訳や試合結果速報の執筆など、幅広く担当している。他にビジネス通訳や翻訳の経験もあり、中韓政府主催のe-sports大会、International E-sports Festival日本代表チームの通訳やNHKのe-sports特番翻訳字幕などを手がけた。またスタークラフト女子クラン『SGs』の顧問役兼メンバーとしても活動中。
http://sc-times.net/

プロゲーマーファイティン!

韓国で子供たちの憧れの職業であるプロゲーマー。彼らのゲームに対する真剣なまなざしはスポーツ選手そのものである。試合中の魅せるプレイや勝利後のセレモニーは、まさにエンターテイナーといえるだろう。それでいて試合が終わると普通の若者に戻る彼らは、芸能人よりずっと身近な存在。魅力たっぷりの韓国プロゲーマーの世界にどっぷりハマったスイニャンが語るe-sports事情。

【韓国強豪LoLチームROX Tigersインタビュー特集】GorillA選手「プロゲーマーという職業に就けて幸せです」

韓国のLeague of Legends(以下LoL)チームの中でもトップレベルの強さを誇るROX Tigers。そんな名門チームが最近、海外のLoLファンにも自分たちのことをもっと知ってもらいたいという思いから、英語と日本語の公式ツイッターアカウントを開設。

【韓国強豪LoLチームROX Tigersインタビュー特集】Peanut選手「LoLで記憶に残る選手になりたい」

韓国のLeague of Legends(以下LoL)チームの中でもトップレベルの強さを誇るROX Tigers。そんな名門チームが最近、海外のLoLファンにも自分たちのことをもっと知ってもらいたいという思いから、英語と日本語の公式ツイッターアカウントを開設。

【韓国強豪LoLチームROX Tigersインタビュー特集】Cry選手「自分さえ頑張ればチャンスはいくらでもある」

韓国のLeague of Legends(以下LoL)チームの中でもトップレベルの強さを誇るROX Tigers。そんな名門チームが最近、海外のLoLファンにも自分たちのことをもっと知ってもらいたいという思いから、英語と日本語の公式ツイッターアカウントを開設。

【韓国強豪LoLチームROX Tigersインタビュー特集】Kuro選手「LoLは観戦も楽しいので試合を見てほしい」

韓国のLeague of Legends(以下LoL)チームの中でもトップレベルの強さを誇るROX Tigers。そんな名門チームが最近、海外のLoLファンにも自分たちのことをもっと知ってもらいたいという思いから、英語と日本語の公式ツイッターアカウントを開設。

【韓国強豪LoLチームROX Tigersインタビュー特集】PraY選手「丸4年という経験が僕をトップクラスに押し上げてくれた」

韓国のLeague of Legends(以下LoL)チームの中でもトップレベルの強さを誇るROX Tigers。そんな名門チームが最近、海外のLoLファンにも自分たちのことをもっと知ってもらいたいという思いから、英語と日本語の公式ツイッターアカウントを開設。

  • 連載

【韓国強豪LoLチームROX Tigersインタビュー特集】Smeb選手「トップレベルを維持することが目標」

韓国のLeague of Legends(以下LoL)チームの中でもトップレベルの強さを誇るROX Tigers。そんな名門チームが最近、海外のLoLファンにも自分たちのことをもっと知ってもらいたいという思いから、英語と日本語の公式ツイッターアカウントを開設。

  • プレスリリース
  • レポート
  • イベント

プロゲーマーが講師に! ゲーミングキャンプ「Red Bull Gaming U 2016」潜入レポート

ゲーミングコンペティションイベント「Red Bull 5G」のスピンオフ企画としてスタートした「Red Bull Gaming U」は、今年で3回目を迎える学生向けゲーミングキャンプ。今回は8月30日(火)から31日(水)にかけて、東京・渋谷にあるレッドブル・スタジオ東京ホールにて1泊2日で開催。

  • 連載
  • イベント

StarCraft 2国内頂上決戦! 「JCG Premier Grand Finals 2016」大会レポート

2016年3月12日(土)に豊洲PITで「JCG Premier Grand Finals 2016 SC2」が開催。

  • イベント

モバイルMOBAの国内eスポーツ大会『RAGE vo.1 Vainglory Japan Cup』観戦レポート

1月23日(土)にベルサール秋葉原で開催された『RAGE vo.1 Vainglory Japan Cup GRAND FINALS』

  • PC
  • MOBILE
  • ARCADE
  • レポート
  • イベント

eスポーツ関連イベント目白押し! スイニャンの「東京ゲームショウ2015」会場レポート

9月17日(木)~20日(日)の4日間、千葉・幕張メッセにて「東京ゲームショウ2015(TGS)」が開催。昨年同様、eスポーツ関連に特化したスイニャン独自目線のレポートをお届けします。

  • インタビュー

日本人初の人気女性プロゲーマーチョコ選手インタビュー

アメリカのプロゲーミングチームEvil Geniuses所属として活動中の格闘ゲーム女性プロゲーマー、チョコ選手に色々とお話を聞いてきましたので、以下からお楽しみください。

スイニャンのRed Bull 5G 2014 Finals体験レポート

今年もこの季節がやってまいりました。もうこれを観ないと年が越せないという人も増えているのではないでしょうか。というわけで私スイニャンもアキバスクエアで開催されたRed Bull 5G 2014 Finalsを観に行ってまいりました。この連載では、完全ミーハー目線のスイニャンならではの体験レポートをお届けいたします。

  • インタビュー
  • 連載
  • イベント

ENZA選手の韓国訪問記 ―後編―

11月中旬ごろ、記者のもとに「ENZA選手を韓国へ連れて行ってもらえませんか」というオファーが来た。今回この連載では、現地での様子をストーリー仕立てで皆さんにお届けする。

  • インタビュー
  • 連載
  • イベント

ENZA選手の韓国訪問記 ―中編―

11月中旬ごろ、記者のもとに「ENZA選手を韓国へ連れて行ってもらえませんか」というオファーが来た。今回この連載では、現地での様子をストーリー仕立てで皆さんにお届けする。

  • インタビュー
  • 連載
  • イベント

ENZA選手の韓国訪問記 ―前編―

11月中旬ごろ、記者のもとに「ENZA選手を韓国へ連れて行ってもらえませんか」というオファーが来た。今回この連載では、現地での様子をストーリー仕立てで皆さんにお届けする。

  • PC
  • レポート
  • イベント

スイニャンの『e-sports SQUARE 3周年記念パーティ』参加レポート

2014年11月14日(金)に『e-sports SQUARE 3周年記念パーティ』が開催され、私スイニャンもご招待をいただいたので参加してまいりました。今回は、そのパーティの様子を簡単にレポートしたいと思います。

  • レポート
  • イベント

LoLにAVA、ウルⅣまで!「東京ゲームショウ2014」でeスポーツ観戦三昧

今年も9月18日から21日の4日間、幕張メッセにて『東京ゲームショウ(TGS)』が開催されました。一般日の2日間取材をしてきました!この連載ではeスポーツ関連に特化した、スイニャン独自の目線でレポートをお届けします。

  • インタビュー

豪州プロゲーマー兼解説者mOOnGLaDe選手インタビュー

突然「StarCraft2プロゲーマーであるmOOnGLaDe選手がe-Sports SQUAREへやってきた」という知らせを受けたのです。そこで急いで現場へ駆けつけ、簡単なインタビューをさせていただくことができましたのでご紹介させていただきます。

  • PC
  • インタビュー
  • イベント

トンピ氏主催『AVA e-sports SQUARE × NIOIのある日常 護衛オフラインイベント』見学レポート

スイニャンが『AVA e-sports SQUARE × NIOIのある日常 護衛オフラインイベント』を見学に行ってまいりましたので、簡単なレポートとトンピ氏へのミニインタビューをお届け!

  • PC
  • 連載
  • イベント

スイニャンが行く!『e-Sports SQUARE AKIHABARAプレス発表会』参加レポート

皆様、こんにちは。間もなく連載4年目を迎えようとしている「プロゲーマーファイティン!」ですが、今年一発目の記事は2014年1月24日(金)、東京・秋葉原で開かれた『e-Sports SQUARE AKIHABARA プレス発表会』の参加レポートです。ここでは、もはや恒例となりつつあるスイニャン目線のレポートを今回もお届けしたいと思います。

  • PS3
  • Wii
  • 360
  • 連載
  • イベント

「プロゲーマーファイティン」のスイニャンによるRedBull 5G 2013 Finals体験記

今回は12月15日(日)に東京・港区のTABLOIDで開催された『RedBull 5G 2013 Finals』を観に行ってきました。この大会はゲーミングシーンに「翼をさずける」ことをコンセプトにFPS、RACING、FIGHTING、SPORTS、FREE GENREの5ジャンルで行われる東西チーム対抗戦です。ここではスイニャンならではの目線で会場レポートをお届けしたいと思います。

  • PC
  • 海外ニュース
  • 連載

韓国トッププロゲーミングチームWoongjin Stars宿舎兼練習室大公開

今回はスタークラフト1時代から続く歴史ある「韓国eスポーツ協会」所属であるWoongjin Starsの宿舎兼練習室をご紹介します。

  • PC
  • 海外ニュース

中国有数のプロゲーミングチーム Invictus Gaming スタークラフト2 練習室潜入レポート

今回は中国のInvictus Gaming(以下iG)の練習室をご紹介したいと思います。

  • PC
  • インタビュー
  • 連載

人気No1韓国プロゲーマー、イジェドン[EG-TL_Jaedong]選手インタビュー

韓国のみならず世界中で人気の韓国スタークラフト2プロゲーマー・イジェドン[EG-TL_Jaedong]選手の独占インタビューです。プロゲーマー生活の話はもちろんプライベートな話や日本に関する話など、ここでしか読めない内容を盛りだくさんでお届けします。

  • PC
  • 連載

プロゲーマーファイティン!のスイニャンがお届けするNVIDIA GeForce eSports 2013の現地レポート

今年から『GeForce eSports』と名称を変えたNVIDIA主催のゲームフェスティバルが、中国・上海の正大広場で開催されました。昨年に引き続き今年もスイニャンが現地レポートをお届けします!

  • PC
  • 連載

台湾・韓国・日本の親善試合AVAIFM観戦レポートと各国チームミニインタビュー

今回はFPS単一種目の大会である『AVAIFM』に行ってきました。イケメンプロゲーマーたちに突撃してまいりましたので、簡単な会場レポートとともにお届けいたします。

  • 連載

行楽シーズン突入!お隣の国でeスポーツ観戦はいかが?

今回は少し趣向を変えて、韓国と台湾のeスポーツ競技場をスイニャンがご紹介します。

  • PC
  • 連載

2012年のスタークラフト界を振り返る(後編)

2012年のスタークラフトの注目選手をご紹介します

  • PC
  • 連載

2012年のスタークラフト界を振り返る(前編)

2012年 韓国・日本のスタークラフト界を地域ごとにざっと振り返ってみました

  • PC

アジアのトッププロゲーマー同士の対決が日本で実現!Asia E-sports Cup観戦レポート

「東京ゲームショウ2012」内のCyACブースにて、9月20~22日の3日間にわたり『Asia E-sports Cup』が開かれました。StarCraft2部門ではアジア8か国から予選を勝ち抜いた強豪選手が一堂に会し、優勝をかけて熱い戦いを繰り広げました。

  • PC
  • 連載

2012年上半期『SC2』賞金獲得ランキング中国1位のプロゲーマーiG.MacSed選手インタビュー

今回は『NGF / GeForce LAN 2012』で優勝を果たし、2012年上半期StarCraft2賞金獲得ランキングで中国人選手1位に輝いたiG.MacSed(胡翔)選手のインタビューをお届けしたいと思います。

ゲームイベントに潜入!微笑みの国タイのPCゲーム人気とeスポーツ事情を探る

今回は、タイにおけるPCゲーム人気やeスポーツ事情について少しご紹介したいと思います。実は韓国語と中国語のみならずタイ語にも手を出しているスイニャンが、先日バンコクへ行って取材をしてきました。微笑みの国タイのプロゲーミングワールドへの扉を私と一緒に開けてみましょう。

  • PC

NGF / GeForce LAN 2012 「プロゲーマーファイティン!」のスイニャンによる上海現地レポート

2012年4月29日~30日に中国上海の正大広場にて『NVIDIA Gaming Festival / GeForce LAN 2012』が開催され、私スイニャンがStarCraft2 JP Community運営者のまつじゅん氏とともに現地に行ってまいりました。

  • PC

台湾eスポーツ徹底取材! -練習室編-

以前この連載で韓国プロゲームチームPrimeの練習室兼宿舎の取材をしましたが、今回はお約束通り台湾プロゲームチームGama BearsとWayi SPIDERの練習室の様子をお伝えいたします。前回の「TeSL」取材に引き続き、私と一緒に台湾プロゲーミングワールドをのぞいて見ましょう。

台湾eスポーツ徹底取材! -観戦編-

前回台湾のeスポーツリーグ『TeSL』のご紹介をしましたが、私ついに念願の台湾取材に行ってまいりました。TeSLって何ぞや?という方はまず前回の記事からご覧になってみてください。では、いまだ興奮さめやらぬスイニャンの台湾レポートをお楽しみください。

  • PC
  • 連載

知られざる台湾プロゲーミングの世界

前回予告したとおり、今回は台湾プロゲーミング界について詳しく紹介していきたいと思います。これまでなぜかあまり紹介されることのなかった台湾プロゲーミングの世界を、わたしと一緒に覗いてみましょう。

  • 連載

転換期を迎えた2011年スタークラフト界の振り返りと2012年の注目ポイント

GAMER’S EXPRESSの読者の皆様、ご無沙汰しております。連載の更新がしばらく止まっていましたが、これまでのように女性目線でさまざまな角度からスタークラフトを中心としたプロゲーミング界を紹介していきたいと思います。新年一発目は2011年を振り返りつつ、2012年の注目すべき点をまとめてみました。

  • PC
  • 連載

WCG日本予選観戦 女子チャット会(後編)

以前「スタークラフト女子座談会」という企画をこの連載で掲載し、スタークラフトは男子だけのものではないということを皆様に知っていただけたかと思われます。そこで今回はさらにスタークラフト女子の実態に迫るべく、チャット会の様子を皆様に公開することにしました。先日行われた『WCG2011 日本予選』を会場で観戦した2名と配信で観戦した2名が、大会を振り返りながらチャットでお喋りします。スタークラフト女子たちの素顔を覗いて見ましょう。

  • 連載

WCG日本予選観戦 女子チャット会(前編)

以前「スタークラフト女子座談会」という企画をこの連載で掲載し、スタークラフトは男子だけのものではないということを皆様に知っていただけたかと思われます。そこで今回はさらにスタークラフト女子の実態に迫るべく、チャット会の様子を皆様に公開することにしました。先日行われた『WCG2011 日本予選』を会場で観戦した2名と配信で観戦した2名が、大会を振り返りながらチャットでお喋りします。スタークラフト女子たちの素顔を覗いて見ましょう。

  • PC
  • 連載

台湾プロゲーマー Sen選手・Leaf監督インタビュー

これまで「プロゲーマーファイティン!」では韓国のプロゲーミング事情について紹介してきましたが、実は台湾も韓国と同じようにプロゲーミング文化が根付いています……

  • PC

プロゲームチーム宿舎&誕生日パーティ潜入レポート

韓国にてスタークラフト2の大会である『GSL』の取材をしていた際、「Prime」チームのパクウェシク監督から選手の誕生日パーティにお誘いいただきました。当日は宿舎で待ち合わせてからレストランに移動するとのことだったので、ちゃっかり宿舎の取材までして参りました!

  • PC
  • 連載

突撃プチインタビュー 韓国プロゲーマーが見た日本

以前「被災した日本へ寄せられた韓国プロゲーミング界からの声」と題してプロゲーマーからのメッセージを紹介したことがありますが、実際韓国のプロゲーマーたちが日本についてどんな印象を持っているのかを知る機会はなかなかないですよね。そこで今回、スイニャンが韓国で観戦した試合の勝者インタビューにお邪魔して、日本に関する突撃プチインタビューをしてみました。

  • PC
  • 連載

スタークラフト女子座談会 (後編)

前回「スタークラフト女子座談会」の前編をお送りしましたが、今回はその後編になります。スタークラフト女子たちのさらにコアなガールズトークの世界を覗いてみましょう。

  • PC
  • 連載

スタークラフト女子座談会 (前編)

eスポーツを女性の目線からお伝えしている「プロゲーマーファイティン!」ですが、スタークラフトに興味を持っている日本人女性はスイニャンしかいないとお思いでしょうか。実は意外と多いんです。そこで今回はちょっと趣向を変えて、スタークラフト女子座談会を企画してみました。スタークラフト女子たちが繰り広げるガールズトークを皆さんにたっぷりお届けします。

  • PC
  • 海外ニュース
  • インタビュー

番外編 プロゲーマー出身『ソギョンジョン』解説委員インタビュー

私が韓国eスポーツの取材中、以前から顔見知りのとあるプロゲーマーと廊下でばったり会いました。世間話をしているときに「ソギョンジョン解説委員にもごあいさつしたいんですが……」と申し出たところ、すぐに本人を呼んできてくれました。そして話の流れでインタビューにも応じてくださることになり、後日改めてソギョンジョン解説委員に会いに行ってきました。

  • PC
  • 海外ニュース
  • 連載

新生スタークラフト2のプロゲーミングワールド

前々回、「スタークラフト1」の韓国プロゲーミング界についてご紹介しましたよね。今回は、「スタークラフト2」の韓国プロゲーミング界について詳しくご紹介していきます。

  • PC
  • 連載

才色兼備? スタークラフト1の人気プロゲーマーたち

プロゲーマーファンのみなさんこんにちは、スイニャンです。前回の連載記事では「スタークラフト1」の韓国プロゲーミング界について詳しく説明をしました。今回は、その中で特に人気のあるプロゲーマーたちを紹介していきたいと思います。

  • PC
  • 連載

歴史あるスタークラフト1のプロゲーミングワールド

前々回、スタークラフトには「スタークラフト1」と「スタークラフト2」の二種目があることをご紹介しました。今回は、「スタークラフト1」の韓国プロゲーミング界について詳しく説明していきましょう。

  • PC
  • 連載

被災した日本へ寄せられた韓国プロゲーミング界からの声

3月11日に東日本を襲った「東北地方太平洋沖地震」。多くの犠牲者を出した巨大地震と大津波は、日本国内のみならず全世界に衝撃を与えました。今回は予定を変更して、震災に関連した韓国プロゲーミング界の動きを紹介することにします。

  • PC
  • 海外ニュース
  • 連載

さまざまなTV番組で活躍する韓国プロゲーマーたちに注目!!

プロゲーマーファイティン! 前回では、韓国でプロゲーミング文化が若者に絶大な支持を得ていることを紹介しましたよね。そして今回からは、その中でも圧倒的な人気を誇っている「スタークラフト」というゲーム種目について紹介していきたいと思います。

  • PC
  • ETC

韓国プロゲーミングの世界へようこそ!

近年ワールドカップや韓国芸能人の日本進出の影響で、韓国の若者文化がずいぶん日本に浸透しました。ところが韓国の若者たちから絶大な支持を得ているにも関わらず、まだ日本であまり知られていない文化があるのです。それは「プロゲーミング」の世界! 実は、お隣の韓国にはプロゲーマーと呼ばれる職業が存在し、芸能人並みの人気を誇っているってこと、ご存じでしたか?

関連記事

  • PC
  • プレスリリース

人気FPSゲーム「AVA」で活躍中のクラン「DeToNator」が「DXRACER(DXレーサー)」のルームワークス社と締結

人気FPSゲーム「AVA」で活躍中のクランDeToNatorは、本日2014年3月28日 ルームワークス取扱いプロフェッショナル ゲーミングチェアメーカーブランド「DXRACER(DXレーサー)」のスポンサー契約を 輸入発売元ルームワークス社と締結しました。

  • PC
  • インタビュー
  • イベント

トンピ氏主催『AVA e-sports SQUARE × NIOIのある日常 護衛オフラインイベント』見学レポート

スイニャンが『AVA e-sports SQUARE × NIOIのある日常 護衛オフラインイベント』を見学に行ってまいりましたので、簡単なレポートとトンピ氏へのミニインタビューをお届け!

  • PC
  • プレスリリース

『GUNNARテクノロジー・アイウェアがDeToNatorとスポンサー契約開始』を発表

~攻めるゲーマーのアイウェア「GUNNAR」がAVAトップチーム「DeToNator」とスポンサー契約を開始~

  • PS3
  • 360
  • プレスリリース

『LOLLIPOP CHAINSAW』ジュリエットからのバレンタインプレゼントをどうか受け取ってください!

『LOLLIPOP CHAINSAW』が本日2月14日 (木) バレンタインデーにPlayStation 3版『LOLLIPOP CHAINSAW PREMIUM EDITION (角川ゲームス コレクション)』、Xbox 360版『LOLLIPOP CHAINSAW PREMIUM EDITION (Xbox 360 プラチナコレクション)』としてお得な価格で再登場!

この記事に対する反応

Negitaku.org
左右ボタン・マウスホイール・左右キーで選択、画像クリックでズーム(可能なら)、×アイコン・ESCキーでクローズ