100万匹の羊https://play.google.com/store/apps/details?id=com.frecre.eikomusBFK
  • レポート

LANパーティ「C4 2016 Fall」が思い出させてくれたこと

オオギ(フリーライター) 2016-10-24

「僕はゲームが好きなんだろうか」最近そう思うことが多くなっていた。

その理由は単純で、最近全然ゲームをしていないからだ。つい2~3年前までは睡眠時間を削ってまで狂ったようにゲームをしていた僕が、1週間のうち1時間もゲームをしなくなっていた。仕事が忙しいとか、お酒を飲むことが増えたとか、原稿が締め切りギリギリだとか、色んな言い訳は用意できるのだけど、そもそも「ゲームをしたい」という欲求を感じない。そんな日々が続いていた。

僕はゲームとか、eSportsだとか、そういった分野で「趣味」として記事を書いたりしてきたのだけれど、それがここ数年でだんだん「仕事」になりつつあって、僕は混乱していたのだと思う。遊び仲間が仕事相手になってギクシャクしていたのかもしれない。とにかく僕はゲームをしなくなっていた。

LANパーティ「C4 2016 Fall」(会場・ヒューリックホール浅草橋)

2016年10月8日から10日にかけて行われた国内最大級のLANパーティイベント「C4 2016 Fall」の開催告知が僕の視界に入ったとき、久々に見た「LANパーティ」の文字に胸がドキッとしながらも、「どういう記事にしようか、いつ公開しようか」と、頭の中は完全に仕事モード。3日間ぶっ続けで開催されるイベントということで一応3日分のチケットは取ったけれど、あくまで参加目的は取材だった。

でも結局、イベント直前に別の書き手が見つかって、僕はイベントレポートを書かなくてもよくなった。でもまあチケットは取ったし、3日間スケジュールも開けていたので、取りあえずC4会場に行くことにしたのだけれど、ひと通り知り合いに挨拶をして、申し訳程度に会場の様子を写真に収めた僕は、いよいよ手持ち無沙汰になってしまった。

――会場ではみんなが目をキラキラさせながらゲームをしている。僕はなんだかソワソワしてきた。

その時、「オオギさん!」と僕を呼ぶ声が聞こえた。振り返ると声の主はいつもお世話になっているeSportsライターのスイニャンさんだった。彼女は「StarCraft II」プレイヤーの面々たちと会場内の4席を借り上げて『スタクラコミュニティ席』を作っていて、近くを通りかかって興味を持った人たちにStarCraft IIの体験プレイを勧める声かけをしていた。

WCG2013日本代表・Albionさんが丁寧にスタクラを教えてくれた

「LoL(League of Legends)ができるなら大丈夫!」というスイニャンさんの言葉に押し切られPCの前に座った。そこで「World Cyber Games 2013」日本代表選手・Albionさんに手ほどきを受けながら、僕は見知らぬStarCraft IIのゲーム画面を見つめることになった。慣れないゲーム画面に目をシパシパさせながら、膨大な操作知識に頭をクラクラさせながら、久々のゲームに僕は夢中になり、1プレイが終わる頃にはその面白さに魅了されていた。

スタクラコミュニティ席から解き放たれたあとも、僕は色んな座席を見て回って、初めましての人たちと、初めましてのゲームをしまくった。目に映るゲームがどれもこれも興味をそそり、プレイするゲームがすべて楽しくて、楽しくて、仕方がなかった。眠い目をこすりながら、アクビをしながら、僕は明け方まで延々とゲームをし続けた。

スポーツゲーム「QWOP」を専用コントローラーでプレイさせてもらった

翌日、ノートPCをカバンから引っ張り出した僕は、最近Steamで買って放置していたシューティングゲーム「INVERSUS」の画面を開いて、暇そうな人を見つけては声をかけた。スタクラコミュニティ席で僕がそうしてもらったように、INVERSUSの操作方法を説明しながら、色んな人と一緒にプレイした。

――そして気づけば僕はステージの上でスクリーンにINVERSUSの画面を映して、マイクを握ってその面白さを熱弁していた。たった2、3日で僕は自他共に認める「ゲーマー」に返り咲いていた。

2日目、3日目はシューティングゲーム「INVERSUS」をひたすらプレイしていた

どうやら僕はゲームが好きだ。ゲームが好きだから、こうして文章を書いているんだと思う。

胸の奥にしまい込まれていた、このゲームが好きだという気持ちを思い出させてくれたC4に僕は心から感謝したい。

そして、その後ゲームに夢中になって、書こう書こうと思いながら、この原稿になかなか手がつかなかったことも今回ばかりは見逃してほしい。

筆者紹介/ オオギ (フリーライター)
WEBや映像の企画・制作、クリエティブ人材のエージェントを行いながら、ゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」の専門WEBメディア『Mikulas』運営統括としてチームのマネジメントを行い、自らも取材・執筆を担当。その他、ゲームや競技ゲーム(eSports)の関連メディアで記事制作、競技チームや関連団体の広報・営業支援、コミュニティイベントの企画運営など、多岐にわたって携わる。
Negitaku.org
左右ボタン・マウスホイール・左右キーで選択、画像クリックでズーム(可能なら)、×アイコン・ESCキーでクローズ