100万匹の羊https://play.google.com/store/apps/details?id=com.frecre.eikomusBFK
  • インタビュー

韓国から帰還!WESG2016-CS:GO日本代表チームインタビュー

オオギ(フリーライター) 2016-11-28

今年十一月、中国 eコマース大手アリババグループ「Alisport」が主催する国際大会「World Electronic Sports Games 2016(WESG)」のアジア代表決定戦が、韓国・高陽市にて行われた。今回筆者は、Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)部門の日本代表として出場し、残念ながら敗退となったチーム「Absolute(旧Rascal Jester Absolute)
に帰国直後の空港でインタビューを実施。海外大会を肌で感じてきた彼らにその胸のうちを聞いた。

敗因は経験不足 「大会経験を積んでいくしかない」

リーダーAo選手(写真左)とLaz 選手

「設立当初のメンバーはいまや自分だけですね。」とリーダーの Ao 選手は語る。今回、WESG出場に向けメンバーチェンジをして挑んだ彼らだが、結果は2敗1分けとなった。

アジア代表決定戦の試合会場となったのは、韓国最大のコンベンションセンターKINTEX だ。対戦チーム同士の席配置は近く、時には相手チームの怒声がボイスチャットに入ってくるという慣れない環境、そしてピカピカとライトアップされた華やかな舞台は、彼らの緊張をさらに増幅させた。

「これまでも何度か大会出場してきましたけど、今回はいつも通りのパフォーマンスが出せませんでした。」と新メンバーの Sakura 選手は試合を振り返る。会場の雰囲気にのまれ、ペースを乱した Absolute は一番練習してきたはずのマップですら勝利を逃してしまった。

不慣れな舞台で彼らが戦った海外選手たちは、日本のプレイヤーと比べアグレッシブで強気なプレイが特徴的だった。出会えばすぐにキルが生まれるテンポの速い試合展開に Absolute は完全に翻弄されてしまっていた。「とくにFIVE(中国)戦はとても印象に残っています。相手ひとりにチームを壊されたので。」と語る crow 選手の顔には悔しさが滲む。

実力派として知られる Laz 選手は「そもそも普段やっているプレイすらできなかったので、 試合内容の反省以前に、もっと大会経験を積んでいくしかないと感じました。」と、チームとして踏んできた場数の少なさを敗因の一つに挙げた。

「CS:GOコミュニティの発展に貢献していきたい」

人気プレイヤーcrow選手

後悔の残る敗戦をへて、Absolute は今後どのような成長を見せてくれるだろうか。 barce 選手は「今回の反省を活かし、次のオフライン大会は頑張りたいと思います。」と意気込むが、パブリッシャーが日本展開を行っていないCS:GO の国内シーンでは、練習相手となる競技チームが少なく、オーガナイザーが大会開催を見送るなど、彼らを取り巻く環境は厳しい。

そんな状況のなか、Absolute のメンバーたちは自分たちのレベルアップだけでなく、「CS:GOコミュニティの発展に貢献していきたい」と目標を掲げる。実際に彼らがSNS上で CS:GO プレイヤーにチーム活動に関するアンケートをとったところ、なんと 1466 人中 30%の約 440 人が「チームでやりたいが入り方や探し方が分からない」と回答。この結果を見ても、チーム活動を望む CS:GO プレイヤーは決して少数ではないことがわかる。 Absolute がプレイヤーたちをつなぐ媒介になることができれば、コミュニティ活性化への道は案外開けるかもしれない。

11月、Absoluteは母体チームから独立し、新たな道を歩み始めた。独立直後に出場した個人主催の国内大会では、プロチーム SCARZ を破り優勝。新体制としての立ち上がりはまずまず順調だ。厳しい環境のなか、手探りで挑戦していく Absolute の姿に今後もファンの注目が集まるだろう。

Absoluteツイッター
https://twitter.com/Absolute_GO
筆者紹介/ オオギ (フリーライター)
WEBや映像の企画・制作、クリエティブ人材のエージェントを行いながら、ゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」の専門WEBメディア『Mikulas』運営統括としてチームのマネジメントを行い、自らも取材・執筆を担当。その他、ゲームや競技ゲーム(eSports)の関連メディアで記事制作、競技チームや関連団体の広報・営業支援、コミュニティイベントの企画運営など、多岐にわたって携わる。
Negitaku.org
左右ボタン・マウスホイール・左右キーで選択、画像クリックでズーム(可能なら)、×アイコン・ESCキーでクローズ