100万匹の羊https://play.google.com/store/apps/details?id=com.frecre.eikomusBFK
  • プレスリリース

Unity、「第6回ゲームエフェクトコンテスト」への協力を発表

編集部(gamer's express) 2016-12-01
以下、メーカーからのプレスリリース内容をそのまま掲載しております

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、マッチロック株式会社が主催する「第6回ゲームエフェクトコンテスト」への協力を決定いたしました。

ゲームエフェクトコンテストとは

「ゲームエフェクトコンテスト」は、ゲームのさまざまな場面で使用され、そのゲームによって引き起こされる感情をより豊かにするエフェクト(VFX)の制作コンテストです。今回はゲーム制作に欠かせない「パーティクル・エフェクト」をテーマに、そのすばらしい映像効果を作り上げる若きクリエイターの発掘や育成、そして「エフェクトデザイナー」という職種の魅力を広めるために開催されます。

主催:マッチロック株式会社
共催:株式会社アグニ・フレア

第6回ゲームエフェクトコンテスト 公式サイト
http://www.gameeffectcontest.com/

同コンテストはUnity以外にもBISHAMON、Unreal Engine 4での作品も受け付けており、Unityで開発された作品は「Unity テクニカル部門」、「Unity フリー部門」に応募できます。また、「一般の部」の他に学生限定の「学生の部」も用意されています。

 一般の部学生の部
Unityテクニカル部門テクニカル部門
 フリー部門フリー部門
BISHAMONテクニカル部門テクニカル部門
 フリー部門フリー部門
Unreal Engine 4テクニカル部門テクニカル部門
 フリー部門フリー部門

テクニカル部門:指定テクスチャのみを使用してエフェクトを制作する部門
フリー部門:自由に作品を制作する部門

応募方法

1. 各ツールでエフェクトを制作します。
2. キャプチャツール等でムービーを制作します。
3. ZIPファイルに全部を入れます。
4. ZIPファイルをファイルストレージにアップしURLを取得します。
5. 「作品応募」の応募フォームへ必要事項を記入し、送信します。

前回の応募作品

テクニカル部門

一般
作品名: 『幸運のおまじない』
応募者: chi
学生
作品名: 『アイスジュエル』
応募者: てまて / HAL大阪

フリー部門

一般
作品名: 『天空の落雷』
応募者: ktk.kumamoto
一般
作品名: 『製氷!』
応募者: ka109(ケーエーイチマルキュウ)

概要

募集期間
2016年12月10日 ~ 2017年2月25日

結果発表
2017年3月25日

賞金
総額90万円

Unity 5.5.x テクニカル部門 / フリー部門 応募要項

・Unityテクニカル部門
指定のテクスチャのみを利用して制作します。
・Unityフリー部門
自分の持てる想像力の限りを尽くして自由に制作します。

ツールバージョン
Unity 5.5.x をご利用ください。他のバージョンでの制作は審査の都合上ご遠慮ください。

アセットストアの利用について
アセットストアの利用にはエフェクトのリソースを制作する支援ツールとして利用するのに制限が御座いません。シェーダー生成やマテリアルの生成など自由にご利用頂けます。また利用したアセットおよびプラグイン、ツールにつきましては開示頂く必要がございますので、応募の際に全てご記入ください。
ただし、アセットストアより購入・取得したアセットやプラグインは利用規約によりそれを購入していない第3者へ譲渡することはできません。応募する作品にそのまま利用した場合、規約に抵触する恐れがあります。ご注意ください。
標準以外のシェーダー、テクスチャ、モデル、マテリアル、アニメーション、スクリプトは、全て自らの手で制作してください。

ツールや応募規約に関する詳細は、公式サイトをご参照ください。
http://www.gameeffectcontest.com/
※Unity および関連の製品名は Unity Technologies またはその子会社の商標です。
筆者紹介/ 編集部 (gamer's express)

関連記事

  • プレスリリース
  • 開発

高校生向け開発コンテスト『Unityインターハイ2017』の結果を発表

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社が、高校生・高専生(3年生以下)および小・中学生を対象としたゲーム開発の全国大会「Unityインターハイ2017」の結果を公式Webサイトにて発表。

  • プレスリリース
  • 開発

『Unityインターハイ2017』本選出場作品を発表

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社が、高校生・高専生(3年生以下)および小・中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2017」の2次審査を突破した本選出場作品を発表。

  • プレスリリース
  • 開発

Unity、インディーゲームコンテスト『Indie Games Festival』の キックオフイベントでゲーム開発ワークショップを実施

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社が、2017年10月28日(土)に東京・Google 東京オフィスで開催される『Indie Games Festival - キックオフイベント』においてゲーム開発ワークショップを実施。

  • プレスリリース
  • 開発

ユニティ・テクノロジーズがオートデスクとの協業を発表

2017年10月4日火曜日(太平洋標準時)、米国テキサス州オースティンにて開催中の開発者向けイベント「Unite Austin 2017」にて、ユニティ・テクノロジーズが、オートデスクとの協業を発表しました。

  • プレスリリース
  • イベント
  • 開発

『Unityインターハイ2017』1次審査突破作品を発表

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社が、高校生・高専生(3年生以下)および小・中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2017」の1次審査通過作品を発表。

  • プレスリリース
  • イベント

「Unity道場 札幌スペシャル2」講演情報が全公開

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社が、2017年10月8日(日)に札幌で開催となる「映画」「音楽」「インタラクティブ」分野の国際コンベンション「No Maps 2017」内にて開催する、Unity公式セミナー「Unity道場 札幌スペシャル2」の講演情報を全公開。

  • プレスリリース
  • イベント
  • 開発

Unity国内最大のカンファレンス『Unite Tokyo 2018』開催決定

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社が、2018年5月7・8・9日の3日間にわたり、Unity に関する国内最大のカンファレンスイベント『Unite Tokyo 2018』の開催を東京国際フォーラムで行うことを決定。

  • プレスリリース
  • イベント

Unityを使うアーティスト向けセミナー 「Unity道場 大阪スペシャル in モリサワ」タイムテーブルが全公開

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社が、公式セミナー「Unity道場 大阪スペシャル」のタイムテーブルを全公開。

  • プレスリリース
  • イベント

CEDEC 2017でUnityが5つの公式セッション、Made with Unityギャラリー、Tシャツ無料配布やミニイベントを展開

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社が、2017年8月30日(水)よりパシフィコ横浜で開催される国内最大の開発者イベント「CEDEC 2017」内で、最新機能を紹介する5つのセッションやUnityで開発された多数のコンテンツ展示を行うことを決定。

  • プレスリリース
  • イベント

「Unity道場 札幌スペシャル2」10月8日(日)開催決定!

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社が、2017年10月8日(日)に札幌で開催となる「映画」「音楽」「インタラクティブ」分野の国際コンベンション「No Maps 2017」内にて、Unity公式セミナー「Unity道場 札幌スペシャル2」の開催を決定。

この記事に対する反応

Negitaku.org
左右ボタン・マウスホイール・左右キーで選択、画像クリックでズーム(可能なら)、×アイコン・ESCキーでクローズ