http://btoshop.jp/2016/11/25/4562469770642/100万匹の羊https://play.google.com/store/apps/details?id=com.frecre.eikomusBFKhttp://eigomonogatari.com/
  • プレスリリース

Unity、中国におけるAndroid端末トップメーカー 「Xiaomi」との業務提携を発表

編集部(gamer's express) 2016-12-05
以下、メーカーからのプレスリリース内容をそのまま掲載しております

2D、3D、VR、ARのゲーム開発環境のリーディングカンパニーであるUnity Technologies(本社:サンフランシスコ)と、消費者向け製品の先進テクノロジー企業であるXiaomi(本社:北京)は、中国国外からMIUIアプリストアへのアプリ公開を可能とする業務提携の合意について発表いたしました。

今回の業務提携の合意により、「Unity」を利用するゲーム開発者は中国におけるXiaomiの独自ファームウェアMIUIのアプリストアにおけるライセンス関連のサポートを受けられるとともに、中国国外からのアプリ公開も可能となります。

Xiaomiとは

Xiaomiは、中国におけるAndroid端末のトップメーカーの一つです。これまでに500億以上のダウンロードを誇る「MIUIアプリストア」を運営し、世界有数のユーザーを抱えています。

Xiaomi 公式ウェブサイト
http://www.mi.com/en/

開発者は、中国の各Androidアプリストアにおいて、ストア運営企業の広告サービス以外では初の広告ネットワークとなるUnity Adsを利用した収益化が可能です。また、Unity IAP(アプリ内課金の実装機能)もXiaomiのストアに対応予定ですので、他のプラットフォーム同様にアプリ内課金の実装も可能になります。

オープンVRプラットフォームでの協業も予定
Unityを利用し開発された世界中のゲームのうち、四半期単位で見た新たな端末からのアクセスの25%は中国が占めており、最もインストールされているのはXiaomiの端末からです。先進の消費者体験を生み出し続けるXiaomiがUnityの開発者コミュニティとも結びつくことにより、ハードウェア・ソフトウェア双方にわたる革新とグローバルでの規模拡大に繋がっていくと言えます。

UnityはiOS、Androidを横断したモバイルの先進開発環境であり、VRおよびARにおいても全ての主要デバイスを横断して拡大し続けるユーザー層と広範な知見を抱える先端企業でもあります。Unity TechnologiesはXiaomiのオープンVRプラットフォームにおいてもさらなる技術革新の進展を目的に協業を予定しております。

当パートナーシップによるUnity開発者に対するパブリッシングサポートは、来年において提供開始予定です。

Xiaomi社 Deputy GM、Jingyan Liu氏のコメント

『Unityとは急速な革新に対する我々のビジョンを共にできています。また、開発者ニーズとアプリの公開との間にあるギャップの架け橋となり続け、制作を加速させ得るこのパートナーシップを我々は非常にうれしく思っております』

Unity Technologies 中国カントリーマネージャー Andrew Tangのコメント

『開発者の成功実現のために最も大事なことの一つが、プラットフォームへのアクセスを提供できるかどうかです。Xiaomiとのパートナーシップによって、開発者の皆さんが膨大な数のユーザーに作品を届けることと、良質なエンターテイメントがグローバルで発展することに寄与できます』

Unityとは

Unityはモバイルゲーム開発におけるリーディングカンパニーであり、2016年第3四半期にUnityを利用し開発されたゲームのダウンロード数は約5億にものぼります。Unityのコアエンジンとエディターは、広告サービス含め、開発および収益化を支援する各種機能も兼ね備えております。

Unity 公式ウェブサイト
http://japan.unity3d.com/

※ Unity および関連の製品名は Unity Technologies またはその子会社の商標です。
筆者紹介/ 編集部 (gamer's express)

関連記事

  • プレスリリース

Xiaomi-Unityデベロッパーポータルがオープン Unityで開発したアプリを中国国外からXiaomiアプリストアへ公開可能に

米国で開催中のGame Developer Conference 2017にて、ユニティ・テクノロジーズは、Unityで開発したAndroidアプリを「Xiaomiアプリストア」に公開申請できるポータルをXiaomiがオープンしたことを発表しました。これにより、中国におけるXiaomi のアプリストアにアプリを公開することが中国国外からでも可能に。

  • プレスリリース

Unityのスキルを集中的に学べるセミナー 「Unity道場 博多スペシャル」6月3日(土)開催決定!

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、同社が全面協力する公式セミナー「Unity道場 博多スペシャル」の開催を決定。

  • プレスリリース

Unity使用の映像作品「Adam」がショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017の「CGアニメーション部門」にノミネート

2017年4月18日(火)に、Unityで制作されたショートフィルム「Adam」(アダム)が米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭であるショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017にてCGアニメーション部門にノミネートされたことを発表。

  • プレスリリース

国内最大のUnityカンファレンスイベント『Unite 2017 Tokyo』 協賛社のインタビュー記事を公開 Unityへの取り組みに関するビジネストークを多数収録

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、『Unite 2017 Tokyo』協賛社によるインタビュー記事を公式Webサイトで公開。また、懇親会『Unite Party』の開催も発表、チケットを販売開始。

  • プレスリリース

国内最大のUnityカンファレンスイベント『Unite 2017 Tokyo』トレーニングデイを4/23(日)開催

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、日本マイクロソフト株式会社協賛のもと、2017年4月23日に『Unite 2017 Tokyo Training Day』を開催することを決定。

  • プレスリリース

Unity 5シリーズ最後のバージョンとなるUnity5.6がリリース

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、2017年3月31日(金)にUnity5.6がリリースされたことを発表しました。Unity5の最後のバージョンとなるUnity5.6をもってUnity5のライフサイクルは完了。

  • プレスリリース

国内最大のUnityカンファレンスイベント『Unite 2017 Tokyo』 講演内容を一部公開

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、2017年5月8、9日の2日間にわたって開催される国内最大のUnityカンファレンスイベント『Unite 2017 Tokyo』の講演ラインナップを一部公開。

  • プレスリリース

「Unity道場スペシャル」の主催者・団体を募集開始 あなたの地方にUnity講師を無料で派遣。ノベルティ配布や告知協力も。

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、Unityのスキルを集中的に学べる公式セミナー「Unity道場スペシャル」の主催者を募集いたします。また、募集開始に伴い公式Webサイトもオープン。

  • プレスリリース

Unityウェブストアにてアクセラレーターパック キャンペーンを実施!

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、2017年3月14日(火)~2017年5月31日(水)までの期間限定で、アクセラレーターパックキャンペーンを実施。

  • プレスリリース

Unity 5最終バージョンとなるUnity 5.6、3月31日リリース予定

Unity 2017ベータ版のリリース時期、Text Mesh Proの無料化・統合、Facebook Gameroom Premium対応についても発表。

  • プレスリリース

Unity Ads、国内SSPの「Ad Generation」対応 3月8日に共同の広告媒体社様向けセミナー開催

スマートフォンアプリケーション向け動画広告サービス「Unity Ads」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、動画広告ネットワーク「Unity Ads」において、Supership社が運営するSSP「Ad Generation」との接続が可能となりました。

この記事に対する反応

Negitaku.org
左右ボタン・マウスホイール・左右キーで選択、画像クリックでズーム(可能なら)、×アイコン・ESCキーでクローズ