100万匹の羊https://play.google.com/store/apps/details?id=com.frecre.eikomusBFK
  • プレスリリース

TGS2017出展社情報 ビーズ株式会社

編集部(gamer's express) 2017-09-15
以下、メーカーからのプレスリリース内容をそのまま掲載しております

ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大神響)のゲーミング家具ブランド「Bauhutte®(バウヒュッテ)」は、TOKYO GAME SHOW 2017へ出展いたします。Twitterで話題の「寝たままパソコンデスク」をはじめゲーマーのニーズに対応するデスク環境セット6主を展示、体験会を実施します。また、会場限定で特別価格での受注会およびキャンペーンを実施します。

<ゲーミングデスクの最強レイアウト8選 ~学習机を脱却せよ~>
http://www.bauhutte.jp/bauhutte-life/making-gaming-desk/

<「寝たままパソコンデスク」とは?>

「寝たままパソコンデスク」とは、Bauhutte®ブランドから発売されている、昇降式ゲーミングデスクやチェア、ロングモニターアームなどのオプション品を組み合わせた寝たままゲームを楽しむことが出来るゲーミング環境です。
インターネット上では、「コックピットのようなハイスペックデスク環境に憧れている」、「トイレ以外はパソコンの前で過ごす」というヘビーゲーマーたちが、自宅のPC環境をより快適にすべく議論を重ね、試行錯誤してきた歴史が見受けられます。しかし、導入しやすい現実的な価格帯でその理想を叶えるインテリアメーカーは今まで皆無に等しいのが実情でした。それを打破すべく、Bauhutte®では、2016年よりゲーミングチェアやデスクなどのラインナップを拡充。高すぎる・大きすぎる一体型のコックピットデスクとは一線を画し、「買い足し」でユーザーによって異なるニーズを満たせることを、上述のコンテンツで証明しています。

<その他、ゲーミング環境とは?>

いずれのセットも5~6程度の組み合わせ、市場価格にて合計10万円程度でセットすることが可能です。また、会場限定で開催する受注会では更にお買い得な価格での購入が可能です。
※物販の数量には限りがあります。
※一部予約扱いになる商品がございます。
※下記に一例として「寝たままゲーム」、「レーシングデスク」、「ゲーミング空母」、「閉鎖空間」の4種をご紹介します。

【寝たままゲーム】

全ゲーマーに捧ぐ、永遠のドリームデスク。誰しも一度は憧れる「寝たままゲーム」。マイペースでプレイすることが多いRPGソロゲーマーにおすすめのレイアウトです。

【レーシングデスク】

本格派レースゲーマーにおすすめ。ローデスクとゲーミング座椅子を組み合わせたレーシングカー風レイアウトです。3画面のロングモニターアームが非常に視野の広い映像表示を可能にします。

【ゲーミング空母】

「身体をぐるりと囲む広大な作業領域」「あらゆる備品を格納する収納力」。デスクに求められる2大要素を最大レベルまで追求した“要塞”がゲーミング空母です。

【閉鎖空間】

深い没入感を求めるフルダイブ系ゲーマーにおすすめ。デスクにテントを張り、閉鎖空間を作り出すレイアウトです。余計な視界は遮断され、ディスプレイ一点に集中できる環境となるでしょう。

筆者紹介/ 編集部 (gamer's express)

この記事に対する反応

Negitaku.org
左右ボタン・マウスホイール・左右キーで選択、画像クリックでズーム(可能なら)、×アイコン・ESCキーでクローズ