https://play.google.com/store/apps/details?id=com.frecre.eikomus
  • プレスリリース
  • イベント

『Unite Tokyo 2018』タイムテーブル発表

編集部(gamer's express) 2018-04-25
以下、メーカーからのプレスリリース内容をそのまま掲載しております

『Unite Tokyo 2018』タイムテーブル発表
DAY2に行われるUnite Partyのチケットも販売開始、

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、2018年5月7・8・9日の3日間にわたり、Unity に関する国内最大のカンファレンスイベント『Unite Tokyo 2018』の講演タイムテーブルを発表しました。

Unite Tokyoとは

Unite Tokyo 2018は、Unityユーザーのためのテクニカルな講演やブース出展が数多く行われる、国内最大のUnityカンファレンスイベントです。Unity本社からゲームエンジンを開発している精鋭スタッフも来日し、Unityの最新機能解説をはじめ様々な講演が行われます。

前回Unite 2017 Tokyoのイベント会場の様子

開催日程(予定)

日程時間内容
5月7日(月)/DAY 118時00分-19時40分基調講演
 20時00分-21時30分Welcome Sponsor Party
(講演者、協賛関係者のみ)
5月8日(火)/DAY 29時40分-18時30分カンファレンス
 19時00分-21時00分Unite Party sponsored by Microsoft
5月9日(水)/DAY 39時40分-19時40分カンファレンス

講演タイムテーブルを公開

タイムテーブルの確認はこちらから
http://events.unity3d.jp/unitetokyo2018/session-lineup.html
ご好評につきチケットは完売いたしました。イベント当日のチケット販売はありません。

Unite Party sponsored by Microsoft

DAY2(5/8)の夜には、日本マイクロソフト株式会社様協賛による懇親会が開催されます。Unite参加者・講演関係者で親交を深めましょう。

Unite Party sponsored by Microsoftでは昨年に引き続き「Unity × Microsoft HoloLensビール」が参加者にふるまわれます。ビールで乾杯しましょう!

前売チケット価格:3,900円(税込)

チケットのご購入はこちらから
(※ご入場にはUnite Tokyo 2018チケットまたは関係者パスが必要となります)

https://meetup.unity3d.jp/jp/event/641
チケットのご購入にはUnity IDとPayPalアカウントが必要となります。
請求書払い、まとめ買いには対応しておりません。
領収書は、PayPalから送られてくる購入明細をご利用ください。

協力企業様による事前インタビュー

イベントに向けた事前インタビューをWebサイトに掲載いたしました。

テーマUnity BIM Importerと広げる新たな建築の世界
出席者田中 洋平 (ビジネスディベロップメントマネージャー|ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)
 丹野 貴一郎 (BIMエンジニア|清水建設株式会社)
 竹内 一生 (CASE BIMマネージャー|株式会社 積木製作)
 田村 尚希 (情報技術部 部長|株式会社ディックス)
 伊藤 周 (代表取締役社長|株式会社オーナカ)
記事リンク http:://events.unity3d.jp/unitetokyo2018/interview/bim.html
テーマCPUを使いこなして、よりリッチなゲームを開発してほしい。
出席者酒本 幹夫 (ソフトウェア技術統括部 アプリケーション・エンジニア|インテル株式会社)
記事リンク http://events.unity3d.jp/unitetokyo2018/interview/intel.html
テーマXFLAGスタジオにおける資産の有効活用術 ~いかにして数万アセットを管理したか?~
出席者下田 淳 (XFLAG ARTS/マネージャー・テクニカルアーティスト | 株式会社ミクシィ)
 渡辺 揮之(技術営業本部/テクニカルスペシャリスト | オートデスク株式会社)
記事リンクhttp://events.unity3d.jp/unitetokyo2018/interview/autodesk.html

プレス向けのメディアインタビューを開催

基調講演をはじめ、各テーマごとにUnityスタッフや業界の第一人者が集まり、プレスの皆様に向けたメディアインタビュー(囲み取材)を行います。通訳スタッフも同席しますので、自由に質疑応答や詳しいお話をすることができます。

各テーマ別に事前申し込み制となります。申込多数の場合は抽選とさせていただきますのでご了承ください。抽選結果は5月1日(火)までにご連絡いたします。
イベント会場へのご入場には別途プレスお申込みをいただくと当日のご入場がスムーズとなります。
プレス入場事前お申込みはこちらから
http://urls.unity3d.jp/unitetokyo2018-press
テーマ基調講演、Unity 2018
日程5月7日(月)20時20分-21時00分 / メディアインタビュースペース(D棟4F – D401)
出席者大前 広樹 (日本担当ディレクター|ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)
 Sylvio Drouin (VP of Unity Labs|Unity Technologies)
 Carl Calleweart (Americas director and global leader of evangelism|Unity Technologies)
 Mike Geig (Head of Global Evangelism Content|Unity Technologies)
 Andy Touch (Global Content Evangelist|Unity Technologies)
 Jay Santos (Lead Evangelist - SAPAC|Unity Technologies)
取材お申込みhttp:://urls.unity3d.jp/unitetokyo2018-press-keynote
テーマ産業分野、CAD import、自動車
日程5月8日(火)17時50分-18時30分 / メディアインタビュースペース(D棟4F – D401)
出席者豊田 信夫 (代表取締役社長|ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)
 Tim McDnough (Responsible for the Industrial business|Unity Technologies)
 Luc Vo Van (Senior Solution Developer Automotive|Unity Technologies)
 Alex Hughes (Business Development Manager|Unity Technologies)
 栢野 浩一 (主幹|トヨタ自動車株式会社 エンジニアリング情報管理部)
 中嶋 雅浩 (セールスエンジニア|株式会社ボーンデジタル)
取材お申込みhttp:://urls.unity3d.jp/unitetokyo2018-press-nongame
テーマVTuber
日程5月9日(水)11時00分-11時40分 / メディアインタビュースペース(D棟4F – D401)
出席者大前 広樹 (日本担当ディレクター|ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)
 京野 光平 a.k.a. ntny (アーティスト|ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)
 近藤“GOROman”義仁 (代表取締役社長|株式会社エクシヴィ)
 常名 隆司 (アセットストア|ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)
取材お申込み http:://urls.unity3d.jp/unitetokyo2018-press-vtuber
テーマBIMインポーター、建築
日程5月9日(水)12時00分-12時40分 / メディアインタビュースペース(D棟4F – D401)
出席者田中 洋平 (ビジネスディベロップメントマネージャー|ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)
 丹野 貴一郎 (BIMエンジニア|清水建設株式会社)
 竹内 一生 (CASE BIMマネージャー|株式会社 積木製作)
 田村 尚希 (情報技術部 部長|株式会社ディックス)
 伊藤 周 (代表取締役社長|株式会社オーナカ)
取材お申込みhttp://urls.unity3d.jp/unitetokyo2018-press-bim
テーマ教育分野、エデュケーション
日程5月9日(水)13時50分-14時30分 / メディアインタビュースペース(D棟4F – D401)
出席者簗瀨 洋平 (プロダクト・エバンジェリスト|ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)
 石井 勇一 (エデュケーション アカウント マネージャー|ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)
 安原 広和 (Game Designer|ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)
 Janett Perry(Operations Project Manager|Unity Technologies)
 Ahuja Dharkar(Head of Learning, Global EDU|Unity Technologies)
取材お申込み http://urls.unity3d.jp/unitetokyo2018-press-education
テーマ映像制作
日程5月9日(水)16時00分-16時40分 / メディアインタビュースペース(D棟4F – D401)
出席者小林 信行 (コミュニティエバンジェリスト|ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)
 京野 光平 a.k.a. ntny (アーティスト|ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)
 加治佐 興平 (代表|Volca株式会社)
 Jack He (Technical Director|miHoYo Technology Co., LTD)
取材お申込み http://urls.unity3d.jp/unitetokyo2018-press-video

開催概要

開催日時
メインカンファレンス:2018年 5月7日(月) ~9日(水)
トレーニングデイ:2018年4月21日(土)

来場者数
3日間で延べ6,000名規模

会場
東京国際フォーラム(JR有楽町駅から徒歩1分)
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1

イベント当日のプレス事前申し込みはこちらから
http://urls.unity3d.jp/unitetokyo2018-press
※ Unity および関連の製品名は Unity Technologies またはその子会社の商標です。
筆者紹介/ 編集部 (gamer's express)

関連記事

  • PC
  • プレスリリース
  • イベント

『Unite Tokyo 2018』講演一覧を一部公開

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社が、2018年5月7・8・9日の3日間にわたり、Unity に関する国内最大のカンファレンスイベント『Unite Tokyo 2018』の講演の一部を公開。また、イベントに先駆けて4月21日に開催する『Unite Tokyo 2018トレーニングデイ』のチケット販売をスタート。

  • PC
  • プレスリリース
  • イベント

『Unite Tokyo 2018』トゥーンシェーダー・トークセッション開催

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社が、2018年5月7・8・9日の3日間にわたり、Unity に関する国内最大のカンファレンスイベント『Unite Tokyo 2018』にて『トゥーンシェーダー・トークセッション』実施を発表。

  • PC
  • プレスリリース
  • イベント

Unity BIM Importerをリリース決定

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社が、建築において3Dモデルをベースとした情報構築システムであるBIM(Building Information Modeling)BIMデータを直接的にUnityに取り込み展開する機能Unity BIM Importerのリリースを決定。

  • プレスリリース
  • イベント

『Unite Tokyo 2018』基調講演にキズナアイ氏の出演が決定

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社が、2018年5月7・8・9日の3日間にわたり、Unity に関する国内最大のカンファレンスイベント『Unite Tokyo 2018』基調講演に、スペシャルゲストとしてバーチャルYouTuberにしてスーパーAIであるキズナアイ氏が出演することを発表。

  • プレスリリース
  • イベント

「Unite Tokyo 2018」において、Unityエディターの日本語化対応プレビュー版を発表

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(以下、当社)が、5月7日に国内最大のUnityカンファレンスイベント「Unite Tokyo 2018」の基調講演において、Unityエディターの日本語化対応プレビュー版を発表したほか、“スマートアセット”を使ったVR空間内のVRオーサリングツール「Carte Blanche(カルト・ブランシュ)」の世界初となるライブデモンストレーションを行った。

この記事に対する反応

左右ボタン・マウスホイール・左右キーで選択、画像クリックでズーム(可能なら)、×アイコン・ESCキーでクローズ