• プレスリリース
  • イベント

Unity最新バージョン「Unity 2018.3」をリリース

編集部(gamer's express) 2018-12-14
以下、メーカーからのプレスリリース内容をそのまま掲載しております

Unity最新バージョン「Unity 2018.3」をリリース
~PrefabやTerrainの大幅アップデートや、
コードなしでVFXを作れるVisual Effect Graphを追加~

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(以下、当社)は、Unityの最新バージョン「Unity 2018.3」を日本時間2018年12月14日夜にリリースしたことを発表しました。Unity 2018.3には、合計で2000を超える新機能、修正、および改善が盛り込まれております。その内容にはPrefabワークフローやTerrain(地形作成)ツールの大幅アップデート、Visual Effect Graph(プレビュー版)の追加も含まれています。

Unity 2018.3 主な機能

新たなPrefabワークフロー

Nested PrefabというPrefabでの入れ子構造をサポートしました。これによりたとえば大きな建物オブジェクトを作る際、1つの巨大なPrefabにするかたくさんの小さいPrefabを作るかの2択しかなかった選択肢が、これらにこだわらず柔軟にPrefabを分割して作成することで、安全かつ再利用性を活用して効率的にオブジェクトを作成できるようになります。

Terrainツールのアップデート

新しいTerrain(地形作成)ツールでは処理をGPUに移行したことで実行速度が向上しました。また、より大きなサイズのブラシ、改善されたプレビュー、地形のタイル間の継ぎ目を自動的にステッチしてつなぎ合わせるペイント機能を使えるようになりました。Unity 2018より実装された新しいレンダリングパイプラインである、HDレンダーパイプライン(HDRP)とライトウェイトレンダーパイプライン(LWRP)にも対応しました。もちろん、従来からUnityに組み込まれている(Built-in)レンダーパイプラインや、既存のUnity のTerrainシステムとの後方互換性も確保されています。

Visual Effect Graph(プレビュー版)

アーティストがゲームやリアルタイム性が求められるプロジェクトで、観衆の目を引くビジュアルエフェクト(VFX)を作りだすためのエディタ内ツールがVisual Effect Graphです。このツールを使えば、コードを書くことなくノードをつなぎ合わせることで無数のパーティクルを生成し、単純なものから複雑なものまであらゆるエフェクトを作り出すことができます。また、スキルの高いクリエイターのニーズを満たすカスタムノードを作成するためのAPIも提供しています。

各機能に関するウェブページ

Prefabワークフロー
https://unity3d.com/jp/prefabs

Terrainツール(日本語訳 近日公開)
https://blogs.unity3d.com/jp/2018/10/10/2018-3-terrain-update-getting-started/

Visual Effect Graph
https://unity.com/ja/visual-effect-graph

2018年12月19日までUnity Plus/Pro with Teams Advanced
新規契約キャンペーン実施中

オンラインの Unity Plus(一括払いプランのみ)/Pro with Teams Advanced の新規契約(サブスクリプション)の特典として、下記のアセットをPlus(一括払いプランのみ)の方にはいずれか1つ、Pro with Team Advanced の方にはすべてを2018年12月19日まで実施しております。

• Amplify Shader Editor($60 相当)
• Behavior Designer($80 相当)
• Gaia($77 相当)
• Odin($55 相当)
• PuppetMaster($90 相当)
• UMotion Pro($60 相当)

詳しくは以下のURLをご覧ください。
https://store.unity.com/ja

Unity および関連の製品名は Unity Technologies またはその子会社の商標です。
筆者紹介/ 編集部 (gamer's express)

関連記事

  • プレスリリース
  • イベント

【Unity】「SIGGRAPH Asia 2018」にてディズニー社クリエイターらのトークセッションを開催

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(以下、当社)が、12月4日から7日まで東京国際フォーラムで行われるアジアにおけるコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関するカンファレンスと展示会「SIGGRAPH Asia 2018 (シーグラフアジア2018)」に出展、Disney Television Animation社、Walt Disney Animation Studios社、Soba Productions社、Digital Monarch Media社のスタッフを招きUnityを活用した映像制作事例を発表するトークセッションなどを開催。

  • プレスリリース
  • イベント

コミュニティに大きく貢献するユーザーを支援する制度「Unityアンバサダー」開始

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(以下、当社)が、Unityの普及やコミュニティの発展に寄与するユーザーの方々を称える制度「Unityアンバサダー」を開始し、初代Unityアンバサダーには森哲哉さん、齋藤智也さん、内田寿さんの3名のユーザーを認定したことを発表。

  • プレスリリース

ユニティちゃん「バーチャル女優」宣言!

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(以下、当社)が、オリジナルキャラクター「ユニティちゃん」の新たな展開について発表。テレビ・インターネットなどでの「バーチャル女優」としての活動展開。

この記事に対する反応

左右ボタン・マウスホイール・左右キーで選択、画像クリックでズーム(可能なら)、×アイコン・ESCキーでクローズ