• プレスリリース
  • イベント

全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI 実施3タイトルが決定!

編集部(gamer's express) 2018-12-27
以下、メーカーからのプレスリリース内容をそのまま掲載しております

全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI
実施3タイトルが決定!

『グランツーリスモSPORT』と『ぷよぷよeスポーツ』が追加決定!
『ウイニングイレブン 2019』を含む全種目の参加資格も公開

一般社団法人日本eスポーツ連合(会長:岡村 秀樹 以下、JeSU)は、いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会実行委員会(委員長:大井川 和彦 茨城県知事)と実施する、『全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI』の追加タイトルとして、『グランツーリスモSPORT』と『ぷよぷよeスポーツ』の2タイトルを追加したことをお知らせいたします。

これにより既に発表している『ウイニングイレブン 2019』とあわせ、実施するタイトルは3タイトルとなりました。

また、各タイトルの予選に関する参加資格や大会形式については、各タイトルメーカーが大会特設サイトを公開いたしました。

本大会は国民体育大会の文化プログラムとして初めて実施されるeスポーツ大会で、文化プログラムとしても全国47都道府県で予選を実施する初めての大会となります。

今回の発表にあたり、大井川茨城県知事は次のように述べております:

「今年5月の開催発表から、本大会に対して多くの反響がありました。そして今回の日本eスポーツ連合からタイトル追加の依頼を受け、より多くの選手が参加できると考え、タイトルの追加を決定しました。そのことで本大会が更に盛り上がることを期待しています。」

各タイトルの予選に関する参加資格や大会形式については、以下の特設サイトで公表しております。

ウイニングイレブン 2019部門
https://e-football.konami.net/kokutai2019/
ぷよぷよeスポーツ部門
http://puyo.sega.jp/portal/

全体の概要は下記をご覧ください。

国民体育大会について

広く国民の間にスポーツを普及し、スポーツ精神を高揚して国民の健康増進と体力向上図り、併せて地方スポーツの振興と文化発展に寄与するとともに、国民生活を明るく豊かなものにしようとする体育・スポーツ祭典。1946年以来 、毎年都道府県持ち回りで開催されており、2019 年の茨城国体は第 74 回大会となります。

文化プログラムについて

国民体育大会で開催される行事の一つ。 国体開催県における機運醸成や、国体の目的、意義の全国的な普及啓発を目的に、スポーツ文化や国体開催県の郷土等をテーマにした事業を実施します。茨城国体の文化プログラムでは、茨城の新しい文化として、eスポーツの定着と発展を目指します。

日本eスポーツ連合(JeSU)について

一般社団法人日本eスポーツ連合は、日本国内のeスポーツの普及と発展、そしてeスポーツの振興を目的に国民の競技力の向上及びスポーツ精神の普及を目指してまいります。JeSUは、eスポーツの認知向上とeスポーツ選手の活躍の場をこれからも広げていくために、競技タイトルの認定や選手のプロライセンス発行、そしてアジア競技大会をはじめとした国際的なeスポーツ大会への選手の派遣など、様々取り組みを行っております。また、以下のスポンサー企業や団体の支援を受け、国内のeスポーツ産業の発展に努めてまいります。

オフィシャルスポンサーKDDI株式会社
 サントリーホールディングス株式会社
 株式会社ローソン
 株式会社サードウェーブ
 株式会社ビームス
 Indeed Japan 株式会社
 株式会社ビックカメラ
協力一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
 一般社団法人日本オンラインゲーム協会(JOGA)
後援一般社団法人日本アミューズメントマシン協会(JAMMA)
 一般社団法人デジタルメディア協会(AMD)
筆者紹介/ 編集部 (gamer's express)

この記事に対する反応

左右ボタン・マウスホイール・左右キーで選択、画像クリックでズーム(可能なら)、×アイコン・ESCキーでクローズ