• プレスリリース

Unity、Googleの新ゲームプラットフォーム「Stadia」を公式サポート

編集部(gamer's express) 2019-03-20
以下、メーカーからのプレスリリース内容をそのまま掲載しております

Unity、Googleの新ゲームプラットフォーム「Stadia」を公式サポート
~これまでと同じUnity上の開発プロセスで、Stadia向けにゲーム開発可能に~

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長:豊田 信夫、以下「当社」)は、Google社が発表した新しいゲームプラットフォーム「Stadia」を公式サポートすることを発表しました。

Unityはこれまでも、PCやコンソールゲーム機、スマートフォンやVR・ARデバイスなど、25以上のプラットフォームへの出力をサポートし、ゲーム開発者がリリースしたいプラットフォームを選択できる自由を提供してまいりました。

今回のStadia公式サポートでも、これまでと同様にUnityエディタ(Windows版)を使い、Stadia向けゲームを開発・公開することができるようになります。もちろん、既存のUnityゲームをStadia向けに移植することも可能です。

Stadiaでは多くのパートナーや開発スタジオがすでに参加しております。もし、Stadia SDKへの早期アクセスをご希望される場合は、Stadia開発者Webサイトをご覧ください。

Stadia開発者Webサイト
https://stadia.dev/

UnityではStadiaプラットフォーム特有の機能をすべてサポートできるよう目指しており、2019年後半にStadia向け機能サポートの詳細発表を予定しております。

なお、現在米国・サンフランシスコで開催中の「Game Developers Conference」のUnity Expoフロアブース(#S227)にあるAnswer Barにて、現地時間3月20日(水)10時から14時までUnityとStadiaの担当者が開発者の皆様の質問に対応します。(Expoブースにお越しの際にはGDCのバッジが必要となります)

本発表の英語ブログ記事も併せてご覧ください。

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社について

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」の日本国内での販売やサポート、コミュニティ活動、研究開発および教育支援などを行っています。「Unity」はPCやコンソールゲーム機だけでなく、スマートフォンやVR・ARデバイスなど、25以上のプラットフォームに出力できます。世界中のユーザーがリッチなインタラクティブ2D、3D、VR・ARコンテンツの開発をしており、ゲームだけに限らず映像、自動車・輸送、建築・建設、製造業、航空宇宙、医療など、様々な業界で使われています。直近12ヶ月間においてUnity製アプリケーションは、インストールされたデバイスが30億台、インストール回数は280億回を超えます。また、Unity Ads、Unity Analytics、Unity Asset Store、Unity Cloud Build、Unity Collaborate、Unity Connect 、Unity Certificationなどの各種サービスを通じ、開発者の生産性やプレイヤーとのつながりを向上させるためのソリューションやサービスも提供しています。

Unity および関連の製品名は Unity Technologies またはその子会社の商標です。
筆者紹介/ 編集部 (gamer's express)

関連記事

  • プレスリリース

Unity VR Archi Contest 2019 開催 & Unity BIM Importer 教育版無償化と Navisworks 対応版リリースを発表

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社が、BIM(Building Information Modeling)データを活用したコンテストとして「Unity VR Archi Contest 2019」を開催。

  • プレスリリース

「GDC Unity Keynote雑談放送」3月19日朝8時50分より放送開始!

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長:豊田 信夫、以下「当社」)が、世界的なゲーム開発者向けカンファレンス「Game Developers Conference」( 以下、GDC)にてUnityが行うKeynote(基調講演)を日本語で中継する「GDC Unity Keynote雑談放送」を日本時間 3月19日(火)午前8時50分よりYouTubeのUnity Japanチャンネルで生放送。

  • プレスリリース

Unity教育の分野をリードする高等教育機関を対象にしたコンソーシアム「Unityアカデミックアライアンス」を発足

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長:豊田 信夫、以下「当社」)が2019年3月18日(月) より、Unity教育の分野をリードする高等教育機関を対象にしたコンソーシアム「Unityアカデミックアライアンス」を日本国内で発足。

  • プレスリリース

Unity Pro / Plusユーザー向けのディスカウントプログラム第二弾を提供開始

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長:豊田 信夫、以下「ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン」)が、Unity Pro / Unity Plusユーザー向けにプロモーション・パートナーの製品、サービスを特別価格でご紹介する『プロモーション・パートナー・プログラム』の第二弾を開始。

  • プレスリリース
  • イベント

Unity公式初の地方ライトニングトークイベント「Unityの集い」を5月18日(土)大阪で開催

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長:豊田 信夫、以下「当社」)が、Unityユーザーに向けたセミナー、ライトニングトーク、懇親会を行う交流イベント『Unityの集い in大阪』の開催を決定。

  • プレスリリース
  • イベント

LITALICOワンダー×ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 ゴールデンウィーク特別イベント 最新の初心者向けゲーム開発環境を用いたゲーム制作ワークショップを開催

障害者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を全国展開する株式会社LITALICO(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:長谷川敦弥、証券コード:6187)が運営する、年長・小学生~高校生がプログラミングやロボット製作を学べるIT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」が、マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長:豊田 信夫、以下、ユニティ社)の協力で、プログラミングやゲーム開発初心者の親子向けゲーム制作ワークショップ「Unity親子ワークショップ」を、4月30日(火・祝)13:00~16:00、東京・銀座のユニティ社内にて開催。

この記事に対する反応

左右ボタン・マウスホイール・左右キーで選択、画像クリックでズーム(可能なら)、×アイコン・ESCキーでクローズ