• プレスリリース

Unity 最新バージョン「Unity 2019.1」をリリース

編集部(gamer's express) 2019-04-17
以下、メーカーからのプレスリリース内容をそのまま掲載しております

Unity最新バージョン「Unity 2019.1」をリリース
~Unity 2018系の長期サポート版である
『Unity 2018.4 LTS』も数週間内にリリース予定~

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長:豊田 信夫)は、Unityの最新バージョン『Unity 2019.1』を日本時間2019年4月16日夜にリリースしたことを発表しました。またこれと併せて、Unity 2018系の長期サポート版である『Unity 2018.4 LTS』も数週間内にリリース予定であることも発表しました。

Unity 2019.1の主な新機能

メジャーバージョンアップとなるUnity 2019.1では、300近い機能追加・改良が実装されました。特にグラフィックスでは、ライトウェイトレンダーパイプライン(LWRP)とシェーダーグラフ(Shader Graph)がプレビュー版から外れ、プロダクション用途にも推奨できるようになりました。LWRPはモバイルプラットフォームにもハイエンドのコンソールやPCにも対応し、デバイスごとにパフォーマンスに応じたスケーラブルなグラフィックスを実現できます。

また、バーストコンパイラ(Burst Compiler)がプレビュー版として実装されました。これは、すでにUnityでプレビューリリースされているエンティティコンポーネントシステム(ECS)とC#ジョブシステム(Job System)と組み合わせることで、高度に最適化されたネイティブコードを生成するコンパイラです。これらのデータ指向型の技術アーキテクチャ(Data-Oriented Technology Stack:DOTS)は、最新のマルチコアプロセッサをフルに活用したハイパフォーマンスを実現します。

Unity 2019.1はこちらよりダウンロード可能です。
https://unity3d.com/jp/get-unity/update

会社の年間収益ならびに資金調達(自己資金を含む)の合計が10万米国ドルを超える場合は、要件に応じてUnity PlusもしくはProのライセンス購入が必要になります。詳しくはこちらをご覧ください。
https://store.unity.com/ja

ライセンス購入などでご不明な点がございましたら、こちらよりお問い合わせください。https://unity3d.com/jp/sales/contact-us

長期サポート版(LTS)のリリースについて

昨年よりスタートさせたUnityの長期サポート版(LTS)リリースは、中長期的に開発・運用したいプロジェクト向けに推奨するバージョンです。Unity 2018.4 LTSではUnity 2019で実装されるあるいは実装予定の新機能などは追加されず、またAPIの変更点や改良点もありません。その代わり、クラッシュやリグレッション修正、広くコミュニティやコンソール機向けのSDK/XDK、あるいは多数のユーザーがゲームのリリースを行えなくなる可能性がある大きな変更によって影響する問題などを、LTSリリースがアナウンスされた時点から2年間サポートします。

Unity 2018.4 LTSは数週間内にリリース予定です。
こちらよりダウンロード可能です。
https://unity3d.com/jp/unity/qa/lts-releases

なお、Unity 2019.1およびUnity 2018.4 LTSの詳細につきましては、以下のブログ記事にてご確認いただけます。近日中に日本語訳も公開予定です。
https://blogs.unity3d.com/jp/2019/04/16/introducing-unity-2019-1/

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社について

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」の日本国内での販売やサポート、コミュニティ活動、研究開発および教育支援などを行っています。「Unity」はPCやコンソールゲーム機だけでなく、スマートフォンやVR・ARデバイスなど、25以上のプラットフォームに出力できます。世界中のユーザーがリッチなインタラクティブ2D、3D、VR・ARコンテンツの開発をしており、ゲームだけに限らず映像、自動車・輸送、建築・建設、製造業、航空宇宙、医療など、様々な業界で使われています。直近12ヶ月間においてUnity製アプリケーションは、インストールされたデバイスが30億台、インストール回数は280億回を超えます。また、Unity Ads、Unity Analytics、Unity Asset Store、Unity Cloud Build、Unity Collaborate、Unity Connect 、Unity Certificationなどの各種サービスを通じ、開発者の生産性やプレイヤーとのつながりを向上させるためのソリューションやサービスも提供しています。

筆者紹介/ 編集部 (gamer's express)

関連記事

  • プレスリリース
  • イベント

Unity公式初の地方ライトニングトークイベント「Unityの集い」を5月18日(土)大阪で開催

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長:豊田 信夫、以下「当社」)が、Unityユーザーに向けたセミナー、ライトニングトーク、懇親会を行う交流イベント『Unityの集い in大阪』の開催を決定。

  • プレスリリース
  • イベント

LITALICOワンダー×ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 ゴールデンウィーク特別イベント 最新の初心者向けゲーム開発環境を用いたゲーム制作ワークショップを開催

障害者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を全国展開する株式会社LITALICO(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:長谷川敦弥、証券コード:6187)が運営する、年長・小学生~高校生がプログラミングやロボット製作を学べるIT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」が、マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長:豊田 信夫、以下、ユニティ社)の協力で、プログラミングやゲーム開発初心者の親子向けゲーム制作ワークショップ「Unity親子ワークショップ」を、4月30日(火・祝)13:00~16:00、東京・銀座のユニティ社内にて開催。

  • プレスリリース
  • イベント

Unity国内最大のカンファレンス『Unite Tokyo 2019』チケット販売スタート 早めに買うとお得になる早期割引キャンペーンも展開

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社が、2019年9月25・26日の2日間にわたり、Unity に関する国内最大のカンファレンスイベント『Unite Tokyo 2019』のチケットの販売を開始。

  • プレスリリース
  • イベント

『Unityインターハイ2019』正式発表

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長:豊田 信夫)が、高校生・高専生(3年生以下)および小・中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2019」の開催を発表。

  • プレスリリース

Unity、『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』のVRゴーグルToy-Conに対応

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長:豊田 信夫、以下「当社」)が、任天堂株式会社が4月12日に発売したNintendo Switchの『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』のVRゴーグルToy-Con(以下、VRゴーグル)をUnityでサポートすることを発表。

  • プレスリリース

Unity、建築・製造・建設業向け新製品「Unity Reflect」を発表

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長:豊田 信夫)が、建築・製造・建設業向け新製品「Unity Reflect」を発表。

この記事に対する反応

左右ボタン・マウスホイール・左右キーで選択、画像クリックでズーム(可能なら)、×アイコン・ESCキーでクローズ