• プレスリリース
  • レポート
  • イベント

『Unityインターハイ2019』最終結果発表

編集部(gamer's express) 2020-02-07
以下、メーカーからのプレスリリース内容をそのまま掲載しております

『Unityインターハイ2019』最終結果発表
受賞作品は公式Webサイトからダウンロードしてプレイ可能!

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(本社:東京都中央区、代表取締役:豊田 信夫)は、高校生・高専生(3年生以下)および小・中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2019」の最終審査結果を公式Webサイトにて発表いたしました。

Unityとは

Unityはゲームやアプリケーション開発のためのソフトウェアです。Unityを使って本格的な3Dゲームやスマートフォンアプリ、VR(仮想現実)コンテンツなど、様々なデジタルコンテンツが日々作られています。近年では大学や専門学校のIT教育現場でも数多く導入されており、ゲームのみならず大学での研究や建築、シミュレータなど、幅広い業界で活用されています。

Unityインターハイとは

高校生・高専生(3年生以下)の学生を対象としたUnityおよびプログラミング技術習得の奨励、才能の発掘を目的として行われるゲーム開発の全国大会です。

Unityインターハイ2019実施の流れ
Unityインターハイ2019プレゼン発表の様子

受賞作品と開発チーム

予選審査とプレゼン発表会を経て、全国から選ばれた受賞作品はこちらになります。

賞名作品名都道府県学校名チーム名
優勝Overturn北海道函館ラ・サール高等学校Kats
準優勝mathmare東京都戸山高等学校トロコイド
ゴールドアワード虚構ノ世界東京都芝浦工業大学附属高校Hidetyo's Apps
ゴールドアワード朝を知らぬ星沖縄県N高等学校プラムベリー
ゴールドアワード~SeaRoad~神奈川県森村学園中等部ideal
ゴールドアワードかえるはかえる東京都豊島岡女子学園高等学校cigarette
ゴールドアワードTheStackerOnline埼玉県山村国際高等学校毎日Unity
審査員特別賞自己防衛軍 -Immune 
System Simulator-
千葉県千葉市立千葉高校チームD
審査員特別賞森のじゅうみん大阪府交野市立第四中学校ヒキガエル
シルバーアワードコロボット広島県広島高校じょーほーぶ
シルバーアワードNodes東京都筑波大学附属駒場高校高三演劇班
シルバーアワードCasting Shadows神奈川県神奈川総合産業高校Lisa校エレ部Unity班

優勝『Overturn』

北海道/函館ラ・サール高校
チーム「Kats」
松田活(17)

準優勝『mathmare』

東京都/戸山高校
チーム「トロコイド」
阿部悠希(16)

ゴールドアワード『虚構ノ世界』

東京都/芝浦工業大学附属高校
チーム「Hidetyo's Apps」
藤澤秀彦(17)

ゴールドアワード『朝を知らぬ星』

沖縄県/N高校
チーム「プラムベリー」
梅村時空(16)

ゴールドアワード『~SeaRoad~』

神奈川県/森村学園中等部
チーム「ideal」
井上恵太(15)

ゴールドアワード『かえるはかえる』

東京都/豊島岡女子学園高校
チーム「cigarette」
島田東子(16)

ゴールドアワード『TheStackerOnline』

埼玉県/山村国際高校
チーム「毎日Unity」
田崎直哉(18)

本選出場作品は公式Webサイトからダウンロードしてプレイ可能!

本選に出場した作品は公式Webサイトからダウンロードしてプレイすることができます。
全国101の学校から提出された116作品の中から選出された12作品を、ぜひ実際に体験してみてください!

Unityインターハイ2019公式Webサイト
https://inter-high.unity3d.jp/

「Unityインターハイ2020」開催決定!

Unityインターハイ公式Webサイトで「Unityインターハイ2020」の先行エントリーフォームをオープンしました。本大会も作品開発のテーマはありません。自由な発想で自分の作りたいゲームを完成させてください!

応募資格

・西暦2002年4月2日以降に生まれた方。
・チームでの応募も可能です。チームメンバーの人数制限はありません。
・チームメンバーの構成員全員が、同じ学校に所属している必要はありません。
・正式登録する代表者はリーダー1名、メンバー2名までとします。
・Web掲載やプレゼン発表会出場で名前が公開されるのは代表者3名となります。
・作品開発のテーマはありません。自由に作品を開発してください。

参加申し込みにおける注意点の追加

Unityインターハイ2020大会から以下の応募ルールを追加いたしました。

▪PC/スマートフォン対応必須

PC(Windows/Mac)またはスマートフォン単体でプレイできる作品が審査対象となります。審査環境はPC(マウス、キーボード、Xboxゲームコントローラー)またはスマートフォンで行われます。VRデバイス、モーションセンサーデバイスなど特殊な機材は審査で使われません。

▪1人プレイ対応必須

1人でプレイできる作品が審査対象となります。2人以上の協力・対戦専用の作品は審査されない可能性があります。

「Unityインターハイ2020」先行エントリーはこちらから
https://inter-high.unity3d.jp/interhigh2020.html
「Unityインターハイ2019」公式Webサイト
https://inter-high.unity3d.jp/
Unity および関連の製品名は Unity Technologies またはその子会社の商標です。
筆者紹介/ 編集部 (gamer's express)

関連記事

  • プレスリリース
  • イベント

関西最大級のUnityセミナー 【Unity道場 京都スペシャル4】開催決定のお知らせ

株式会社クラウドクリエイティブスタジオは、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社と協力し、2020年1月25日(土)に京都コンピュータ学院 京都駅前校で開催となる関西最大級のUnityセミナー【Unity道場 京都スペシャル4】の概要を発表し、公式WEBサイトの公開を行った。

  • プレスリリース

日本初の公式教育施設「Unityトレーニングセンター 品川」を開設

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、日本初のUnity公式教育施設「Unityトレーニングセンター 品川」を開設した。

  • プレスリリース
  • イベント

今年もUnityはGlobal Game Jam 2020を応援します! UnityクリエイターLINEスタンプも新登場!

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、1月31日(金)から2月2日(日)までの3日間で開催する「Global Game Jam 2020」の各会場に、Global Game Jam限定Unityノベルティを配布することを発表。

  • プレスリリース

Riot Games社が『League of Legends』フランチャイズ新作タイトルでUnityを採用

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社の親会社であるUnity Technologies社が、Riot Games社がリリースする『League of Legends』フランチャイズの新作タイトル『Legends of Runeterra』『League of Legends: Wild Rift』をUnityで開発していることを発表した。

この記事に対する反応

左右ボタン・マウスホイール・左右キーで選択、画像クリックでズーム(可能なら)、×アイコン・ESCキーでクローズ